4月23日は「世界本の日」、本を読もう

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

4月23日は「本の日」には本を読もう

今日は世界本の日です。

「本の日」だから本を読もうという読書家さんはいないはずです。

なぜなら、読みましょうと言われる前に本を読んでいるからです。

ということで今日というこの日は本を読んでいない人に対して読書のずばらしさを伝えていく一日なのかもしれません。

 

電車やバスなどの移動中で本を読んでいる人というのは希少な部類になってきています。

たまに見かけると勝手に同志だと思ってしまいまいます。

必ずしもスマホを使っているのがわるいということでもなく、細切れの時間だからメールチェックするとかもありだと思います。

電子書籍も普及しているのでスマホにKindleアプリを入れて読むというのもおすすめです。

読み上げ機能も使えば一石二鳥です。

試してみるのもいいかもしれませんよ!

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


東野圭吾作品を全部読んだ私がオススメする3冊!

筒井康隆『時をかける少女』は時をかけて読まれる小説である

関連記事

  1. 本やお店を星で評価しない

    今回はわたしが大切にしていることについて書いていきます。それは、本やお店…

  2. ハズレ本を引かないためには?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 「ツリーハウス図書室*HONTOKI」に寄贈をし…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  5. 行かない本棚にも寄ってみる

    先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になり…

  6. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  7. 読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?

    読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?2020年4月20日に…

  8. おすすめの本を聞くのもいいのだけれど、

    「いま、この家には何冊の本があるのだろう?」と突然疑問が湧いてきました。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP