熱い想いを秘めながら、

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

先日読書会を主催している人たちの集まりに参加をしました。

みなさんそれぞれが抱いている読書会への想いですとか、
これからやっていきたいことを色々お話ししました。

みなさん扱う本のテーマも読書会の進め方も違っていますが、
根底にある「本が好き!」
という想いは同じなのかなととてもパワーをもらえた会合でした。

読書会をやること、
そして続けることは正直言って手間のかかるところもあります。

でもそのかかる手間以上に得られるものが大きいです。

一人で本を読む段階、
感想をSNSでシェアする段階、
読書会に参加する段階、
読書会を主催する段階と
私は一段一段登ってきました。

次は読書会に巻き込む段階かなと思っています。

そのためにはまずは来てよかった、
もう一度行きたいと思ってもらうこと、
などなどたくさんの段階があります。

わたしの読書会はリードフォーアクション という形式を大切にしていますが、
最近はまたこの形にとらわれすぎなくてもいいのかなと感じ始めています。

守破離の「破」の段階に突入してきたのかなと勝手に思っています。

 

札幌にはそれぞれ主催者の個性を生かした様々な読書会があります。
みなさん、熱い想いを秘めながら活動しています。
札幌ゼロ読書会に限らず色々なところに参加してみてほしいなと思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




自己紹介


読書は目的?手段?

一つの手段としての書籍

関連記事

  1. 文章は最後まで読まなくたっていい。

    毎日何かしらの文章を書くことを自分への課題にしています。札幌で「本を語る…

  2. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  3. 習慣化のために小さな行動を積み重ねる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 習慣化のコツは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  6. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

  7. 質問箱で答えを考え思考をを育てる

    ここ最近続いてきた腰の痛さがだんだんと和らいできました。腰が痛いとすぐに…

  8. 成長する秘訣は、打席に立ち続けること。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP