読書は目的?手段?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

昨日、ふと疑問に思ったことがあります。
目的、目標と手段は混同しやすいなと。
ということで私なりにまとめて見ました。

 

目的と目標

ズバリ言ってしまうと、

目的とは「存在意義」のことです。

目標はその通過点であり、目的達成のための手段です。

目標と手段、それぞれ考えていることが
一緒になってしまうことは問題ないようです。

 

問題なのは、目的と目標がごちゃごちゃになってしまうことです。

私が感じる
「本が読めない」
と感じる人はこの傾向が強いのではないかなと思っています。

それは、「本を読むこと」が目標となってしまっているからです。

さらにいうと、本を読むということが頭から順番に最後まで
読んでいかないといけないことだと思ってしまっているところが
あるのではないかと思っています。

その本を手に取ったということは何かしらの目的があったはずです。

料理のレシピ本を手に取ったら、料理を作れるようになりたい。
ダイエット本を手に取ったら、○kg痩せたい。
ビジネス書を取ったら、何かのスキルをつけたい。

などなど、いろいろあると思います。

大事なのは先の例の前半の本を手にとる家庭ではなく、
後半の目標を叶えることです。

ややこしいのがここで出てくるのは、
目的ではなく、目標ということです。

料理を作れるようになりたい。
痩せたい。
何かのスキルを身に付けたい。

はすべて目標です。
通過点なので、目的はその先にあるものです。

料理を作れるようになって、褒められたい。
痩せて、モテたい。
スキルを身につけて、業績アップしたい。

と言った感じです。
つまり、存在意義である目的自体が目標になることも
あるということです。

なぜを繰り返す

なので、「小さな習慣」

には身につけたい習慣が
本当に必要なのか「なぜ」を繰り返して
確認しましょうというワークがありました。

 

「本を読む」という行為は基本的に
手段であり目的ではありません。

もちろんメリットはありますが、
本でなくてもいいのではと一度疑ってみる
姿勢も持ち合わせておくといいのかもしれません。

 

いつだって本の力を信じている

とここまで書いてきましたが、
私は本が好きで、本の力をどこまでも信じています。
多くの人に本に触れて欲しいといつだって願っています。

 

最終的には、目的も目標もわからないくらい盲信すること
も大切なんじゃないかと思っています。

参考

2017年のダイヤモンドオンラインの記事を参考にしました。

成功するリーダーは、「目的」と「目標」の違いを理解している

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


心の状態が未来を決める!

熱い想いを秘めながら、

関連記事

  1. 2017年の感謝と2018年の挨拶

    年末は京都旅行をしました。それもあり更新が疎かになっていました。札幌…

  2. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  3. 葉書を書けば人生が変わる

    葉書を書けば人生が変わる世の中にはいろいろなところで「〇〇をしたら人生が…

  4. つながる仲間を増やしたい

    人は組織の中で生活をしています。一番近いところで最初に属するのは家族でし…

  5. マンガは読書か?

    本が好きでよく読むんですよねと話をすると、マンガもいいですよとアドバイスをも…

  6. オンラインコミュニティの可能性を探る

    いつもありがとうございます。対面での読書会がなかなか開催できない状況です…

  7. 病気が教えてくれること

    退院をして、一日休んで、さぁ明日から働くぞ! という気持ちで書いていきます。…

  8. わたしの水道凍結11日戦争

    序章(1月3日)「水が出ない……」相手の見えない戦争は突如として始ま…

Twitter でフォロー

PAGE TOP