読書は目的?手段?

昨日、ふと疑問に思ったことがあります。
目的、目標と手段は混同しやすいなと。
ということで私なりにまとめて見ました。

 

目的と目標

ズバリ言ってしまうと、

目的とは「存在意義」のことです。

目標はその通過点であり、目的達成のための手段です。

目標と手段、それぞれ考えていることが
一緒になってしまうことは問題ないようです。

 

問題なのは、目的と目標がごちゃごちゃになってしまうことです。

私が感じる
「本が読めない」
と感じる人はこの傾向が強いのではないかなと思っています。

それは、「本を読むこと」が目標となってしまっているからです。

さらにいうと、本を読むということが頭から順番に最後まで
読んでいかないといけないことだと思ってしまっているところが
あるのではないかと思っています。

その本を手に取ったということは何かしらの目的があったはずです。

料理のレシピ本を手に取ったら、料理を作れるようになりたい。
ダイエット本を手に取ったら、○kg痩せたい。
ビジネス書を取ったら、何かのスキルをつけたい。

などなど、いろいろあると思います。

大事なのは先の例の前半の本を手にとる家庭ではなく、
後半の目標を叶えることです。

ややこしいのがここで出てくるのは、
目的ではなく、目標ということです。

料理を作れるようになりたい。
痩せたい。
何かのスキルを身に付けたい。

はすべて目標です。
通過点なので、目的はその先にあるものです。

料理を作れるようになって、褒められたい。
痩せて、モテたい。
スキルを身につけて、業績アップしたい。

と言った感じです。
つまり、存在意義である目的自体が目標になることも
あるということです。

なぜを繰り返す

なので、「小さな習慣」

には身につけたい習慣が
本当に必要なのか「なぜ」を繰り返して
確認しましょうというワークがありました。

 

「本を読む」という行為は基本的に
手段であり目的ではありません。

もちろんメリットはありますが、
本でなくてもいいのではと一度疑ってみる
姿勢も持ち合わせておくといいのかもしれません。

 

いつだって本の力を信じている

とここまで書いてきましたが、
私は本が好きで、本の力をどこまでも信じています。
多くの人に本に触れて欲しいといつだって願っています。

 

最終的には、目的も目標もわからないくらい盲信すること
も大切なんじゃないかと思っています。

参考

2017年のダイヤモンドオンラインの記事を参考にしました。

成功するリーダーは、「目的」と「目標」の違いを理解している

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


心の状態が未来を決める!

熱い想いを秘めながら、

関連記事

  1. 熱い想いを秘めながら、

    先日読書会を主催している人たちの集まりに参加をしました。みなさんそれぞれ…

  2. 習慣化させるために必要なこと

    「良い習慣で人生を埋め尽くしたい」わたしがたまに頭の中で繰り返す言葉の1…

  3. 自分だったらどうするかを考えながら本を読む

    本を読んだ後で、一番大事なことはそこから何を学んだのかを振り返ることだと思っ…

  4. 書く瞑想ジャーナリングのすすめ!

    ブログを書こうとパソコンの前にスタンバイしたものの何を書き出そうか出てこない…

  5. 習慣にしたことは抵抗を感じるもの

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。抵抗…

  6. 誰かを救う文章を書きたい

    これはブログに書きたいという出来事はそうそう頻繁には起こらないものです。…

  7. 祝!札幌ゼロ読書会4周年!

    いつもブログをご覧いただきありがとうございます。「本を語る、人と繋がる」…

  8. 「言葉にできない」は核となるもの。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。言い…

Twitter でフォロー

PAGE TOP