星で評価をしない理由

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今回のテーマは、「星で評価をしない理由」です。

本を読んだらSNSに感想を投稿をしています。

このブログにも感想文として残すようにしています。

そのときにわたしは点数や星の数で記録することはしていません。

もちろんそうしている方を否定しているわけではないということを頭の片隅にこの後も読んでいただけるとうれしいです。

 

映画もそうですし、飲食店でもこの星で評価をしないというスタンスは同じです。

一番の理由はそれらを判断する自分の軸といったものが定まっていないような気がするからです。

そのときに読んだからたまたまその評価を下すだけかもしれません。

一日その作品を読むのが遅かったら、感じ方というのは大きく異なっている可能性もあります。

それを抜きにして単純に星の数で評価してしまうのは危険だなと思うのです。

また自分が評する立場にいると思ってしまうと作品の良い部分も見えなくなってしまうような気がしています。

これは致知の読書会である若獅子の会で学びました。

感想文を美点凝視の観点でフィードバックします。

美点凝視とは簡単にいうと良いところを見つけましょうということです。

良いところを探そうという観点でみると見方そのものが変わってきます。

あえて星で評価をするならば星三つは確定。

その評価をするための理由を探すといった感覚です。

読ませていただいている立場としてはこの姿勢のほうがわたしは健全だと思っています。

 

同じ作品でも何度も読むと感じ方が違います。

それを含めても読書の魅力であり、以前こういう評価をしていたからとブレーキを踏まないためにもしていることのような気がしてきました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


スマホ時代にどう向き合っていくか

異世界を受け入れてしまう不思議さ

関連記事

  1. 本は時代遅れのメディアなのか?

    「普段若者は家で何をやっているの?」と聞かれました。札幌で読書会をや…

  2. 答えが出ない問いを考え続ける

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. 本を読むのはストレスであっても得られるものが多い…

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 自分にあった読み方を見つける

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

  6. 「カミのお告げ」と命名する。

    こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。…

  7. 読書会ってなにやっているの?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本読みとしてうれしかったこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP