本に触れる環境を

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

カフェでのんびりと読書をしながらこれまでの読書遍歴について振り返ってみました。

それまでも本に触れる環境ではあったものの読書熱に火がついたのは高校生のときの電車通学でした。

行き帰りにずっと英単語を勉強するのにも飽きて本を読むようになりました。

乗り換えの駅で大きな本屋さんがあったのも影響しているかと思います。

 

いまでこそほとんど図書館を利用することはありません。

絶版になっていて借りられる本に関しては取り寄せて読むことはありますが、新刊として購入できる本に関してはほとんど自分で購入して読んでいます。

どなたか失念してしまいましたが、お金のある大人は自分で本を買って読みなさいということを言っていました。

東野圭吾さんもエッセイ『さいえんす?』(角川文庫)で「図書館やブックオフを利用することを、まかり間違っても、「賢い生活術だ」と思ってもらいたくない」と述べています。

本好きとして作家さんや出版社を支えたいという自負があります。

 

だからといって図書館がなくなってもいいとは思っていません。

休日に閉館時間まで連れていってもらった体験や、たくさんの本を並べて調べ物をした経験を図書館でしていなければ今の本好きの資質は生まれなかったのかもしれません。

図書館でたくさんの本に触れて読んできたからこそ、いま本屋さんで新刊本を見たときにこの本は読むべきかという嗅覚が研ぎ澄まされ、がっかりする本を引かなくなっているのかなと思ったりします。

本に触れないことには本が好きになることも恩恵を受けようともならないので環境は大切ですね。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


すごい本を読みたい

芥川龍之介『地獄変・偸盗』(新潮文庫)

関連記事

  1. いつか出合いたい思い出の一冊

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 健康のうえに成り立つ読書

    年末年始は実家で過ごしました。マイクロソフトオフィス社のビル・ゲイツ氏の…

  3. 想像力と数百円

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  5. マンガを読書に入れるのならば

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  7. ワイン好きにワインを贈るのが、

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  8. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

Twitter でフォロー

PAGE TOP