本が読めるというのは健康の証

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

こんにちは、井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書セラピストとして本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

暇さえあれば本を読んでいたいと思っています。

仕事の休憩中にも読みますし、我が家にはテレビがないのでダラダラ見ることないのでそこでも本を読みます。

ただ、読みたいのに読めない時期というのが確かにありました。

 

それは体調を崩して入院をしていた頃の話になります。

薬の副作用で集中力が続かずに数行読んではやめというのを繰り返していました。

さすがにそのときは本は読めないとあきらめて文字数の少ない絵本を眺めて楽しんでいました。

 

健康の定義は人それぞれだと思います。

単に病気がないという状態だけでなく、精神的にも安定しているかは大切なポイントでしょう。

眠い目をこすってでも読みたい本はあるでしょうが、寝なければカラダを壊してまで読むのは困りものです。

 

落ち着いて本を読むことができているというのはそれだけ健康ということなのだとわたしは思っています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


内省日記を再開します

伊坂幸太郎『フーガはユーガ』(実業之日本社)

関連記事

  1. いつか出合いたい思い出の一冊

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 健康のうえに成り立つ読書

    年末年始は実家で過ごしました。マイクロソフトオフィス社のビル・ゲイツ氏の…

  3. 宝石を探すように読む

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  5. マンガを読書に入れるのならば

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を通して、自分を見つめる読書会に。

    札幌もだいぶ寒くなってきましたね。わたしの部屋の温度は10度になっていま…

  7. 読書歴に意味はあるのか?

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  8. 同じ本を何回も読んでみよう!

    同じ本を何回も読んでみよう!本を読みました。前回の記事でも紹介をした…

Twitter でフォロー

PAGE TOP