「カミのお告げ」と命名する。

こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

本を読んだってどういうこと?

そもそもの話ですが、本を読んだというのはどういう状態のことを指すのでしょうか?

初めから終わりまで目を通した状態でしょうか?

小説はこのパターンが多そうです。

でも目を通しただけで内容がさっぱり理解できていないのでは読んだとは言えないのではないでしょうか?

そうです。

本を読んだというのは、必ずしも初めから最後まで目を通した状態ではないと言えるのではないでしょうか?

わたしはその本から、得たい情報を得ることができたときに「本を読んだ」と言っていいのではないでしょうか?

料理のレシピ本をこれだけが作れたら良いと思い、購入しそれが美味しく作れるようになった。そうしたらその料理本を読めたと言っても良いと思うんですよね。

カミのお告げ?

以前読書会で参加されたにゃおさんがこんな話をしていました。

「朝起きたら、本棚からパッと気になる本を一冊取り出して、適当なページを開いてみる。それが1日の行動の指針みたいなものになったりする」

 

これは面白いと思いました。

当然普通に考えてこれを本を読んだとは言えないでしょう。

でも、読んだと物知り顔でいうよりも本をきっかけにしたことが具体的に実生活で生きてくることのほうが大切だと思うのです。

小説の方が多いですが、わたしは本を読んで心に深く刺さる一文に出合った時はそれを手帳に書き残しています。

それをさらに発展させたみたいな感覚でしょうか?

偶然開いたページに心に響く言葉があったら、きっと神のお告げのように思うでしょう。

いや、本だから、紙のお告げかな。

くだらなくて、すみません。

これから、Twitter(@shogogo0301)で朝起きたら、お気に入りの一文を選んでツイートしようと思います。

今日の本

「ただ本をひらけばいい。そこが、きみにとっていちばん必要な箇所なんだよ」

こちらを見て思い出しました。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


第15回 開催報告!

再出発します!

関連記事

  1. 良い文章は読んだ先の行動がデザインされている

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 「ふくぎょう」時代をどう生きるか?

    「ふくぎょう」時代をどう生きるか?コロナウイルスさんの影響がわたしの仕事…

  3. 良い本は続けて2回読みましょう

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 誕生日とは、そういうこと。

    「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」読書会冒頭での…

  5. 今いる場所で咲く努力

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  6. ちょうどいいインプットとアウトプットのバランスは…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. オンラインコミュニティの可能性を探る

    いつもありがとうございます。対面での読書会がなかなか開催できない状況です…

  8. つながる仲間を増やしたい

    人は組織の中で生活をしています。一番近いところで最初に属するのは家族でし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP