わたしが目指す本屋、ブックコーディネーターとは?

井田さんはその肩書きでどうありたいんですか?

今日そんな質問を受けました。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

肩書きはブックコーディネーター?

私の肩書きはなんでしょうか?

肩書きというよりも職業というイメージが大きいかもしれません。

大きな収入源はスポーツトレーナーということになります。

 

でも、お金になるかならないかが肩書きの意味ではないはずです。

そういう意味では読書会主宰というのも肩書きのひとつでしょう。

コワーキングスペースsaloonの登録ではブックコーディネーターとしています。

でも今のところは本を売るという行為はほとんど全くないですので、それで名乗るのは若干気がひけるところがあります。

 

でも、大切なのは何を名乗っているかではないと思うのです。

この辺りは芸人とは生き方であるというキングコングの西野さんの考えと近いと思っています。

大事なのは職業でなく存在意義

大事なのは芸人をやっているか、ブックコーディネーターという本屋さん業をやっているかどうかでなく、自分がどうありたいかという存在意義だと思うのです。

私は本を売ることによって果たしたいのは、「本は心を豊かにしてくれるもの」という自分の信念のようなものを伝えていくことです。

ブックコーディネーターという肩書きはそのための手段でしかないと思っています。

しるし書店の役割

といっても本屋さん業を全くやっていないかと言われるとそういうわけでもないのです。

私が読んで書き込み等をした古本をしるし書店というプラットフォームを通して出品しています。

しるし書店 はこちらから

これは先に述べた、本を単に売買するだけの本屋さんにはなりたくない。

本を手に入れて読んで、読む前に想像していたその先を提供できるような本屋さんになりたいのです。

そんな売った人と買った人が直接やりとりができるということができるのがしるし書店の良いところの一つだと思うのです。

本を通して知りたかったことを実際に私に聞いてもらえるような信頼性をどうお客さんと構築していくのが良いのかなと今は色々と考えています。

かと言って貸した本の感想を何回も聞いてくるようなおせっかいと思われるようなことはしたくないのです。

そのバランスが難しいところではあるのです。

本を買ってくれた人の一歩先を提供できる本屋さんを目指してこれからも頑張っていきます。

良かったらフォローしてください!

noteもやっています

↑クリックするとnoteにとびます

読書会情報

自己紹介


2018/11/12 「これからの生き方・働き方を学ぶ実践読書会」開催します

雨の日のモチベーション。雨の日には雨の音をしっかり聴く。

関連記事

  1. 読書術の専門家になりたい。

    あなたには好きな本のジャンルはありますか?もしかしたら本イコール小説なんて方もいらっしゃるかもし…

  2. 書くことは自分と向き合うことだ。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  3. コミュニティラジオに出演します!

    5月5日(土) 13時頃から三角山放送局リレーエッセイ「読書キャンパス」に出演させていただくことにな…

  4. 心の状態が未来を決める!

    8月29日に大嶋啓介さんの講演会に行ってきました。予祝、前祝いテーマは前祝い、予祝です。…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人間の仕事がどんどんAIに…

  6. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。基本的な軸がずれなければ…

  7. 友遠方より来る

    昨日は朝の9時から友達と待ち合わせをして、カフェでのんびりと話をしました。札幌で読書会をやってま…

  8. 「カミのお告げ」と命名する。

    こんな本の読み方と言うか、使い方があってもいいんじゃない? というお話です。札幌で読書会をやって…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP