一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

質問箱というサービスを利用しています。

匿名で質問を送ることのできるサービスです。

井田祥吾の質問箱はこちらからどうぞ!

「〇〇って送られたら、わたしからの質問ってわかりますよね?」と言われることもありますが、全くわかりません。

最初は本に関する質問がくるのかなと思っていましたが、関係のない質問がほとんどです。

 

問いには答えがあります。

答えが出せない問いがあっても、答えだけが存在するということはありません。

何かパッと頭のようにひらめくようなことがあってもそこには何かしらの問いが隠れていたはずです。

 

これは本に関しても同じことが言えます。

わかりやすく、例えば「100万円を稼ぐ方法」という本があったとします。

興味があるあなたの頭の中に思い浮かぶのは、「どうやって?」という問いだと思います。

その問いを解消すべく本を読んでいくわけです。

そして実践してフィードバックを得るという流れになるのが理想です。

ビジネス書は問いの形がシンプルです。

 

小説の場合だとミステリーやサスペンスなどの事件性のあるものはわかりやすいですね。

犯人は誰だ? とか、トリックはなんだ? とか大きなはてながだんだんとはっきりしていきます。

 

本を読むときに問いを立てて答えを探すのが全てとは思いませんが、質問を意識して前のめりで読んだ方が効率がいいのは確かです。

リードフォーアクション 読書会はこのステップを利用しています。

 

一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得るというのがわたしが本を読むときのモットーとしているところでもあります。

そのために質問を作るというのは欠かせないことです。

あなたもぜひ試してみてください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


2020年6月致知若獅子の会に参加しました。

2020年6月に読んだ本

関連記事

  1. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 読書会で誰かの居場所をつくる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. ranunculus

    花の名前と花言葉

    花の名前と花言葉「新緑の候」という時候のあいさつがピッタリな季節に札幌も…

  4. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  5. 葉書を書けば人生が変わる

    葉書を書けば人生が変わる世の中にはいろいろなところで「〇〇をしたら人生が…

  6. 10連休は本を読もう!

    明日から世間は10連休ですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読…

  7. 「ツリーハウス図書館*HONTOKI」に行ってき…

    2021年1月4日に篠路にある「ツリーハウス図書館*HONTOKI」に行って…

  8. 習慣にしたことは抵抗を感じるもの

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。抵抗…

Twitter でフォロー

PAGE TOP