都合のいい読書術

今日は久しぶりに本の紹介をしようかなと思います。

読書会をやっている人のブログならもっと本を紹介するべきかなと思っているので、徐々にチャレンジしていきたいと思っています。

とりあえず今までに読書会で紹介した本と読書術に関する本を紹介したいと思い、今回はその両方を満たしている本を紹介します。

都合のいい読書術

この本で書かれている「都合のいい」とはどういうことでしょうか?

本を読むからには何かしらの目的があったはずです。

それが達成できるような読み方をすればいいということです。

それを、「目的志向型」読書と読んでいます。

「目的志向型」読書のために

その目的志向型の読書のために必要となってくるのがフォトリーディングというスキルであり、リードフォーアクション という読書会の存在です。

わたしはフォトリーディングをホームスタディ講座で受講しました。

全てのステップを完璧にこなす必要はありませんが、本の読み方の根本的な考え方が変わるのでやってよかったなと思っています。

そこまでしなくても、リードフォーアクション 読書会に出ていただければ、このメソッドを活用して行っている読書会なので、すぐに日常の読書に応用することができます。

そうは言っても、リードフォーアクション 読書会は一度参加して終わりの読書会ではなく、集まる人、本、テーマが違うとそれはまた大きな学びを得ることができます。

簡単にできること

簡単にできるステップとして是非おすすめなのが、本を読む前にその本を読む目的を明確にするというものです。

これは結構役に立ちます。

挫折してしまうほんというのは大抵、途中でなんでこの本を読んでいるのか意義がわからなくなってしまうところがあるからです。

そしてその目的が定まったら、その目的が達成するための近道を考えてみることです。

それが頭から順番に読むことならそれでいいです。

でも、必ずしも頭から読む必要性がないことも覚えておくといいのではないかなと思います。

まとめ

これからの本の読み方として目的志向型と読書会は欠かせないことを説いた一冊です。

リードフォーアクション 読書会そのものに興味がある方にもおすすめです。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


強みと読書

読書術の専門家になりたい。

関連記事

  1. わたしの読書習慣を変えた1冊。

    朝起きたら、外が白かったです。とうとう冬のシーズン突入といった感じです。…

  2. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  3. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶ…

  4. 想像力で補うからおもしろい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をして…

  5. 長島龍人『お金のいらない国』

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 人生はアソビだ!

    一冊の本を予約注文して購入しました。その一冊とは、あんちゃ「アソビくるう…

  7. 職業、読書家を目指して。

    ここ最近は、働き方や生き方について考える機会が多いです。先日初開催したR…

  8. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

Twitter でフォロー

PAGE TOP