東野圭吾『クスノキの番人』は「わたしの名刺がわり」

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

東野圭吾『クスノキの番人』は「わたしの名刺がわり」

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

2020/06/19にオンラインで読書会「本の話をしよう」を開催しました。

この日のテーマは「名刺がわりの小説」でした。

名刺に載せている好きな作家さんが3名いらっしゃいます。

伊坂幸太郎、松浦弥太郎、そして東野圭吾です。

ここはやっぱり全作品を読んだ東野圭吾さんを紹介しようと思い、最新作の『クスノキの番人』を紹介しました。

東野圭吾『クスノキの番人』

あらすじを紹介します。

法を犯し、刑務所行きになりそうになった直井玲斗を連絡を取っていなかったおばである千舟が救います。

その条件が「クスノキの番人」をすることでした。

月郷神社にあるクスノキに祈念に来る人たちの世話をするのですが、クスノキにどういう効果があるのかは全く知らされていません。

その謎を探っていくお話です。

 

東野圭吾さんの作品には社会的なメッセージが込められていることが多いです。

死刑制度や差別などミステリーとして読んで終わりではなく、考えさせられるのです。

時として答えが用意されていないこともあります。

この「クスノキの番人」のテーマは「生き方・想い」と言ったところでしょうか?

ミステリーであるものの人が殺される訳ではないので、もしかしたらパンチが弱いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、生き方という深い話なので、共感する人は多いんじゃないかと思います。

根無し草のような生き方でもいいんじゃないかと思わせてくれます。

言葉では伝わらないことってきっとあると思わせてくれます。

 

個人的には読みやすさナンバーワンの作家だと思っています。

読んだ方とは語り合いたいので、いらっしゃいましたら連絡いただけるとうれしいです。

 

読書会での紹介動画はこちらです。

合わせてご覧いただけるとうれしいです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


文章を書くこととパンを作ること

同じ本を何回も読んでみよう!

関連記事

  1. 「あの時に戻れたら」と後悔しない生き方をする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 弱さを受け入れる勇気。宮部みゆき『ブレイブ・スト…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 何度でもやり直せる社会に

    2018/06/22に天狼院書店で開かれた「暗闇でも走る」の著者安田さんのイ…

  4. 伊坂幸太郎作品の名言に偶然出会った話

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 小さな習慣をつくる

    密かにブログを毎日更新するというチャレンジを続けています。札幌で読書会…

  6. 感謝することは当たり前のことに目を向けること

    感謝をすることは当たり前のことに目を向けること札幌で読書会をやってます、…

  7. 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』を読んで自分の…

    第9回読書会「本の話をしよう」で紹介した本について書いていきます。相当前…

  8. 書評を書くのは「ひとり読書会」

    わたしは書くことが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@sho…

Twitter でフォロー

PAGE TOP