嘘をついている人を見破れるか?

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

推しの作家さんはいらっしゃるでしょうか?

わたしは東野圭吾さんの作品が好きで、刊行されているものはすべて読んでいます。

 

今回紹介する本は、東野圭吾さんの『あなたが誰かを殺した』(講談社)です。

東野圭吾さんの最新刊本です。

 

このタイトルの響きにピンときました。

どちらかが彼女を殺した』『私が彼を殺した』になぞられています。

ミステリには色々な種類があります。

詳しくは読んでいただきたいのですが、この2作品は究極のフーダニット(Who done it? 誰がやったか)だと思っています。

 

 

今作は最後でしっかりと結末まで書かれています。

書店で見つけたポップには、

今回は加賀が真相までご案内します

とありました。

「今回は」にはそのような意味も含まれているのかなと深読みをしました。

 

いわゆる加賀恭一郎シリーズです。

刑事の加賀が事件を解決に導きます。

シリーズものですが話としては独立しているので、どの作品からでも楽しむことができます。

 

別荘地でバーベキュー大会が行われた夜に連続殺人が発生します。

思わぬ形で容疑者は捕まりますが、動機を話すことはなく、真相は闇の中です。

バーベキュー大会にも参加をしていた遺族たちが検証会を立ち上げ真相に迫ろうとします。

休暇中であった刑事の加賀恭一郎が紹介で参加をすることになりました。

 

真相に迫ろうとしている検証会の参加者でさえ嘘をついているというのが肝でした。

そしてその嘘は慧眼の持ち主である加賀には通用しません。

 

ミステリには様々なジャンルがあります。

誰がやったか(フーダニット)、どうやったか(ハウダニット)や、どうしてやったか(ホワイダニット)。

どの要素をとっても面白い小説でした。

 

最後まで読み通して振り返っていますが、もしかしたら一番嘘をついているのは作者の東野圭吾さんなのではないかと思いました。

しかし人間の感情というのは割り切れないところがあります。

好きな人でも気に入らないところがあるかもしれませんし、苦手な人にも良いところを見つけることもあるでしょう。

仮に誰かの死を望んでいたとしてもいざそうなるとその後の現実を受け入れることができないことはあるものだと思います。

人間の感情はコンピュータのように1か0で決まるものではないということを考えました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


続けることの大切さを感じる一冊

食欲をコントロールするために

関連記事

  1. 東野圭吾『透明な螺旋』(文藝春秋)

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 東野圭吾『秘密』で、「二転三転大逆転」。

    2020/05/04にZoomを使って第6回ビブリオバトルを開催しました…

  3. 東野圭吾『さいえんす?』を読んで考える。「本は誰…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 東野圭吾『サンタのおばさん』

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 東野圭吾『魔女と過ごした七日間』(角川書店)

    今回紹介する本は、東野圭吾『魔女と過ごした七日間』(角川書店)です。&n…

  6. 東野圭吾『白鳥とコウモリ』

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. トリックを見破ることができるか

    今回取り上げる本は、東野圭吾さんの『ある閉ざされた雪の山荘で』(講談社文庫)…

  8. 東野圭吾『真夏の方程式』で、夏を感じる。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP