翻訳は文字の置き換えではない

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

なんとなく思い出した小話から発想を膨らませたお話をしてみようかと思います。

こんなツイートをしました。

どんな文脈でこの「鼻セレブ訳せない問題」のお話が出たのかは記憶していません。

それでもこのお話はずっと覚えていて、鼻炎の調子が良くないときに鼻をかむたびに思い出すのです。

セレブはもう英語ですし、鼻はnoseということは調べなくてもわかることです。

それでもわからないということはきっとそうしたところで日本人が「鼻セレブ」と聞いたニュアンスをそのまま伝えることはできないということなのだと思います。

 

言語というのはその国の文化や歴史が大きく反映されています。

よくある例としてあげられるのは日本語の一人称の多さです。

あえてあげませんが無数にあるように感じるかもしれませんが、英語だと“I”のひとつですよね?

日本語には雨の表現が多いのも土地柄を表しているということですね。

 

言語というのはその国の特徴を表しているところもあるので翻訳というのは単なる置き換えではないのでしょう。

日本語に、外国にその表現がなかったら別の表現をもってくるしかありません。

よく翻訳物でも訳者が違うと雰囲気が違うというのはこういうところも関係しているのかなと思います。

そのようなところを意識して翻訳物を手に取ってみるのも楽しいかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではよりよい1日をお過ごしください。

(eye catching photo by chiho)

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


読む本を減らしてみようかと

『エンジェル、見えない恋人』

関連記事

  1. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  2. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  3. 本は無理して読まなくても良い

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 本好きの輪を広げるために

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. もしかしたらを考えてみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 「ツリーハウス図書室*HONTOKI」に寄贈をし…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 本を貸すときのおすすめ。

    本好きなので本を貸すことが結構あります。本好きが本好きに対して貸すときは…

  8. 理解の基準は教えられること

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP