自分という存在を理解するためにやれること

自分の長所はなんですか?と聞かれて即答できるという方はなかなか少ないのではないでしょうか?

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

自分の長所を知るためにできること

わたしも幼少期はこの質問に答えるのにとても苦労していました。

自分が長所と思っていても、相手はそう思っていないかもしれないし、そう考えるとなかなか前に進むことができません。

でも、自分を理解するためのツールは色々揃っているんですよ。

ストレングスファインダー

例えば、ストレングスファインダーが有名どころかなと思います。

本についている診断テストを受けることで、34の資質の中から自分の強みとなりうる才能の上位5つと新版であれば、その生かし方まで知ることができるのでオススメです。

わたしは今まで関心はありませんでしたが、占いというものも一つの手ですね。

先日、わたしは西洋占星術鑑定というものを初めて受けてみました。

今後の進むべき道への羅針盤のような、役割を果たしてくれそうです。

あとは何と言っても、人と話をすることです。

そうすると自然と自分の得意不得意分野は見えてきます。

ただ漠然とではなく、意識をすることで物事が見えてくることは多いでしょう。

自己理解を深めることでよりよく生きることができたらいいなと思います。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


想像力と創造力で勝負をする

ついていける師匠を見つける

関連記事

  1. あなたに伝えたいことがある。

    わたしは昔から文章を書くのが好きでした。好きなことに気づいたのはつい最近…

  2. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  3. 本棚の10冊で自分を表現する

    ハッシュタグで「本棚の10冊で自分を表現する」というのがあります。久しぶ…

  4. 想像力で補うからおもしろい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をして…

  5. 長島龍人『お金のいらない国』

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  6. 書評を書くのは「ひとり読書会」

    わたしは書くことが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@sho…

  7. 自分の手でどうにかできることに力を注げばいい

    日日是好日という生き方札幌は雪が積もり、本格的に冬に突入するのだなという…

  8. 「わたしだけのおいしいカレーを作るために」は哲学…

    以前読書会で紹介した本を今日は紹介します。その時にどのような紹介をしたか…

Twitter でフォロー

PAGE TOP