自分という存在を理解するためにやれること

自分の長所はなんですか?と聞かれて即答できるという方はなかなか少ないのではないでしょうか?

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

自分の長所を知るためにできること

わたしも幼少期はこの質問に答えるのにとても苦労していました。

自分が長所と思っていても、相手はそう思っていないかもしれないし、そう考えるとなかなか前に進むことができません。

でも、自分を理解するためのツールは色々揃っているんですよ。

ストレングスファインダー

例えば、ストレングスファインダーが有名どころかなと思います。

本についている診断テストを受けることで、34の資質の中から自分の強みとなりうる才能の上位5つと新版であれば、その生かし方まで知ることができるのでオススメです。

わたしは今まで関心はありませんでしたが、占いというものも一つの手ですね。

先日、わたしは西洋占星術鑑定というものを初めて受けてみました。

今後の進むべき道への羅針盤のような、役割を果たしてくれそうです。

あとは何と言っても、人と話をすることです。

そうすると自然と自分の得意不得意分野は見えてきます。

ただ漠然とではなく、意識をすることで物事が見えてくることは多いでしょう。

自己理解を深めることでよりよく生きることができたらいいなと思います。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


想像力と創造力で勝負をする

ついていける師匠を見つける

関連記事

  1. ビートたけしさんに学ぶ、何も期待しないで相手に尽…

    読書会で紹介した1冊前回の読書会でわたしが紹介した一冊は、ビートたけし「…

  2. 「これからの本屋読本」は本屋に憧れる人のバイブル…

    2017年7月の読書会で内沼晋太郎「これからの本屋読本」を紹介しました。…

  3. いまを大切に生きる〜橋部敦子『僕の生きる道』〜

    2019/11/29 第2回ビブリオバトル@SALOONで紹介した一冊につい…

  4. 本を生活の一部にする

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 文章を書くことで未来の自分を救う。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 野村克也『野村ノート』〜野球から学ぶ〜

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 感謝することは当たり前のことに目を向けること

    感謝をすることは当たり前のことに目を向けること札幌で読書会をやってます、…

  8. 同じ情報には何度も触れる

    ブログを書こうと思ったタイミングにいつも思い浮かぶことがあります。それは…

Twitter でフォロー

PAGE TOP