やりたいことを明確化する前にやるべきこと

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで癒しを与えるビブリオセラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

もう今年も残りわずかですね。

もう今年一年は振り返りましたか?

来年の目標は立てましたか?

わたしは両方ともまだです。

年末は京都旅行に行ってきますので、その間に色々考えてみようかなと思います。

わたしがやっていること

目標設定をするときにわたしが大切にしていることがあります。

それは、まず初めに「やりたくないこと」を明確化することです。

やりたくないこと=日時計

やりたくないことをはっきりさせることは日時計と同じだと思います。

やりたいことの象徴が太陽です。

太陽ばかり追いかけていると闇雲になってしまう恐れがあります。

太陽を利用して時間を知ることができるのが日時計ですよね。

影の方向で時刻がわかるやつです。

やりたいことを明確にするためのステップとしてまずは現在地を確認することです。

そのために時刻を知る、やりたくないことをはっきりさせることです。

なぜ、やりたいことの前にやりたくないことをはっきりさせるかというと、やりたいことの中にやりたくないことが含んでいる可能性があるからです。

 

例えば「来年は月に5冊本を読む」という目標を立てたとします。

でも、この人がそもそも知識を得るために本を読むという選択肢をあまり好まないのであれば、このような目標は立てないでしょう。

 

「営業で一番の成績を取る」という目標を立てる前に「媚を得るような営業はしたくない」というやりたくないことをはっきりさせていたら、やりたいことに対するアプローチも変わるかもしれません。

 

鶏と卵どっちが先みたいな話になりますが、やりたくないことが明確化されているから、やりたいことがより際立ってくるのです。

来年の目標設定にぜひご活用ください。

参考文献

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


感謝することは当たり前のことに目を向けること

2017年の感謝と2018年の挨拶

関連記事

  1. 『終末のフール』から学ぶ、明日死ぬとしても後悔し…

    わたしが文章を書こうと思ったときはさて何を書こうから始まります。札幌で読…

  2. 「目的のための手段におぼれるな」

    やりたいことを考えている瞬間がとてもワクワクするので好きです。美味しいも…

  3. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 坪倉優介『記憶喪失になったぼくが見た世界』で、感…

    第56回 札幌ゼロ読書会「本の話をしよう」を開催しました!わたしが紹…

  5. 本は表紙で選ぶのも面白い

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 毎日が挑戦! 早起きチャレンジ!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  7. 松浦弥太郎さんから学ぶ「自分株式会社」の経営哲学…

    松浦弥太郎さんが好きです。柔らかな文章の中にピリッとすることが書いてあっ…

  8. 河合隼雄『こころの処方箋』で常識を知る

    第27回「本を語る」読書会で紹介した一冊です。この日、紹介したの…

Twitter でフォロー

PAGE TOP