実践したい最高のボランティア

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

読書セラピストはライフワークとして行なっています。

ご飯を食べるためのライスワークは接客業を行っています。

お客様の年代は様々で年下からご年配の方までさまざまです。

 

仕事に関係することはもちろん色々なお話をお伺いしています。

その中でいいなと思ったことはボランティアをしていますと仰っていた女性のお話です。

毎日ふたつのことを心がけているということでした。

「まずは自分が笑うこと。そして人を笑わせること」というお話でした。

誰でもいいので人を一回笑わせることをボランティアとしてやっているとのことでした。

ツボが浅く、面白いことを言われるとすぐに笑ってしまうので、

「井田ちゃんに話して笑ってくれたからボランティア終了!」

と言われて立ち去られたことが何度もあります。

 

ボランティアは無料でやることではなく、無料でもだれかに価値を与えることができることにあると感じました。

無料でやることが必ずしも正義だと思っていません。

良いことでも続けられなければ意味がありません。

 

読書セラピストの活動もボランティア意識ではやっていません。

参加費無料のときもありますが、お金をもらうことでしっかりとしたものを提供したいという気持ちもわいてきますし、無料だから参加するという意識だけで参加されると困ってしまう場合もあると思うので線引きをする意味でも有効だと思っています。

無料で提供できるものは無料で提供するに越したことはありません。

決して自分を安売りしないことが大切だと思っています。

 

誰かを笑わせることで自分も相手もいい気分になるのでとてもいいなと思いました。

一日一回と決めると常に相手を探してお話をしなければいけません。

きっと義務感に追われてやっているわけではないと思いますが、寝る直前に気づいても遅いわけです。

たった1つのことを念頭に置くだけで1日の過ごし方も変わってくるんじゃないかと思います。

 

昔、聞いた法話で「笑顔で挨拶やゴミ拾い、ボランティアもお布施ですよ」と聞いたのを思い出しました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ちなみに「暑くなるということは冬が近づいてくること」と言われました。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


読書の魅力を伝えたい

徳を積む人が得をする

関連記事

  1. わたしが日記で書いているふたつのこと

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 10年前の自分への手紙

    10年前の井田祥吾さん 令和2年1月21日札幌で「本を語…

  3. 最初の一歩が一番大事

    読書会を月に一度のペースで開催を始めたのが今年の4月でした。少しずつなれ…

  4. 書いて内省を深める。

    書くことが好きです。ブログの文章はある程度まとまった分量を書きたいと思っ…

  5. 常に改善を模索し続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 書くことについて語ってみる

    しばらくとは言っても一週間ほどですが、ブログの更新が滞ってしまうと、どうすれ…

  7. 思いを届ける。

    多分、何を書くより何を相手に届けたいかを考える方が大切な気がする。多分、…

  8. 書き言葉は100倍拡大解釈されても大丈夫な言葉を…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP