努力とは夢に向かう力

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

目標に向かって努力をしようと声高らかにいうのは意識が高いと揶揄されそうでなんとなくはばかられます。

でも、努力が不要ということではありません。

努力を重ねるというのは隠すべき恥ずかしいことなのでしょうか?

 

小学校の校長先生がこんな話をしていました。

努力の“努”という字は“ゆめ”とも読みます。

努力というのは夢に向かう力のことです。

こんな感じのことを朝礼のたびにおっしゃっていました。

確かに「ゆめ」で変換すると、努という漢字が出てきます。

死に物狂いで歯を食いしばって目標に向かうのが努力ではないのだと知りました。

自分のなりたい姿や目標に向かってワクワクする気持ちで行うのが努力というものだと感じています。

歩き続けていたら突然富士山の山頂にいる人はいません。

富士山の頂にいくと決めたからこそ、てっぺんにたどり着くことができるのです。

目標は変化させながらでも構いませんが、ワクワクする理想を掲げてそこに向かって力を注ぎ続けることはいくつになっても忘れずにいたいです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

書いている人


無理して感想書かなくても

渡辺祐真/スケザネ『物語のカギ』(笠間書院)

関連記事

  1. 東日本大震災から7年経って思うこと

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。過去…

  2. 文章は相手に読まれてこそ意味がある

    文章は相手に読まれてこそ意味があるこのブログをご覧いただいている方は重々…

  3. ハプニング!水が出ない!

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 好きを伝える努力をする

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。今日…

  7. 退院をしました

    本日、2019/01/31退院をしました。札幌で「本を語る、人と繋がる」…

  8. 時間があったら考えよう!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP