終わらない冷やし中華

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

普段からどれだけ有益と思える情報を書いているかわかりませんがもしかしたらいつも以上に意味のないことかもしれません。

ストレングスファインダー で内省が1位の人はこんなふうに思考をめぐらせているんだなと感じていただけるとうれしいです。

 

先日こんなことがありました。

仕事の休憩中に冷やし中華を食べている方がいらっしゃいました。

思わず反応して、

「もうそんな季節なんですね」

と話をしました。

ここで一つの疑問がわきました。

「冷やし中華始めました」はありますが、「冷やし中華終わりました」って聞いたことないんじゃないかと。

そもそもなぜやたらと冷やし中華始めましたとアピールしてくるのか。

夏を感じる料理であるのでおいしいので疑問を感じる必要性もないのですが気になってしまいました。

スタートしますと宣言をして、気づかないうちにいつの間にか終了してまた一年後にスタートするというループです。

ぐるぐると回っているようです。

 

強引にこれを本の話と絡めてみます。

一生終わりのない本を手渡されたら読みたいと思うでしょうか?

わたしはきっとおもしろいとわかっている本でもいつか終わりがあるという一見マイナスのような希望的観測があるから楽しんでいるような気がしているのです。

例えばこのブログも毎日更新が続いていますが、1日を区切りとして書いています。

例え昨日の延長に今日があるとしても一つの区切りは存在しています。

そういう終わりや区切りというのは結構大切だと思うのです。

ひらすら円周率を眺めるのが好きな人がいたとしてもどこでやめたらいいのか困ってしまうタイミングがくるのではないかと思います。

 

ウェブ情報はどんどんアップデートして書き足しができますが、区切りというのは意識の上から外してはいけないように思います。

 

始まりのタイミングは誰もが意識をします。

思い切って終わりのタイミングを決めるのも大切なのではないかと思います。

そんなことを冷やし中華から考えました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、素敵な一日を‼️

(eye catching photo by chiho)

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


松浦弥太郎『ふたりのきほん100』(光文社)

電子書籍と紙の本どっちを使いますか?

関連記事

  1. 表現することの原点は?

    こんな質問を頂きました。祥吾さんの表現の原点は?「本を語る、人と繋が…

  2. 少ない理由を磨き続ける。

    ブログになるとついついかしこまってしまいます。前回の記事にも書いた「誰に…

  3. 1,200文字喋り、5分間書く

    水曜日はエッセイ的な文章をアップしています。仕事がバタバタとしていて思う…

  4. 内省という壁当てキャッチボール

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 自分の気持ちを伝えるための建前は大事。

    わたしは嘘をつくのが苦手です。嘘をつくときには大変後ろめたい気持ちになり…

  6. If then planninngで習慣を味方に…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書…

  7. 確実に歩み続ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 上手に息継ぎできるように文章を書きたい

    わたしは文章を書くのが好きです。好きになったのは小学生の頃の作文でした。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP