何かにとらわれすぎずに柔軟に

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

本への書き込みは邪道?

友達が本の感想でこのようなことを書いていました。

マーカーを引きながら本を読むのは『考える力の弱い人の補助輪』的な読み方である

丁寧に書かれているビジネス書に多い傾向がありますが、最初から太字になっていたり、色が薄くマーカーのように入っている本があります。

そういう類のものにさらに上からなぞるようにマーカーを引いたりする必要は正直ないかなと思います。

でも、本ってその時の自分でないと琴線に触れることができないところとかあるのではないかなと思います。

しるしのつけ方は色々あると思いますが、そういう言葉には何かしらチェックしておく必要があるのかなと思います。

再読したときにあの時は何でここをチェックしたのかなと感じるような部分があれば、それはその読んだときとは違う自分になっているということです。

わたしは読書術に関する本を読むのも好きですが、識者によってもこれに関しては意見は異なるところなのかなと感じています。

三色ボールペンを使って読みましょうという意見から、本は神聖なものであるので一切汚すべきではないなど色々です。

正解はひとつじゃない

ここで、わたしが大切にしているのは、「何かにとらわれすぎない」ということです。

別の言い方をすれば「正解は一つじゃない」ということでしょうか?

わたしは線を引く必要があると思ったときに線を引きますし、線が引ける環境にないので本を読まないということはないし、本を読むときの環境や読む本の内容によってやることは変わってきます。

これは本の読み方に限らずですが、何かにとらわれすぎることなく、柔軟に対応していくのが大切ではないでしょうか?

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


目的とゴールをはっきりさせる。

マジシャンから学んだこと

関連記事

  1. 仕事は誰かの役に立つこと

    まさに今は激動の世の中です。デジタル化が進み、新型コロナウイルスの流行に…

  2. 好きなおにぎりの具を聞かれて考えた今後の生き方

    好きなおにぎりの具を聞かれて考えた今後の生き方質問箱というサービスを利用…

  3. 2019年を振り返りと2020年の目標

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 札幌ゼロ読書会のスタイル

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. モノの見方を変えてみる

    毎日ブログを更新することを目標にしています。札幌で読書会をやってます、井…

  6. わたしとブログのあるべき姿

    今日こそはブログを書こうと思いながら更新できない日々が続いていました。札…

  7. プロの仕事はびっくり箱で驚くこと。

    今日はわたしの考えるプロフェッショナルについて考えてみようと思います。札…

  8. 札幌で天狼院書店のライティング・ゼミが開催します…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

Twitter でフォロー

PAGE TOP