マジシャンから学んだこと

昨日は夜にマジック講座を受けに行きました。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

マジックが心理学の勉強になれば……

マジックに興味がもともとあったわけではありません。

どちらかというと案内を見て、マジックの考え方や心理学的な側面が気になったので参加をしてみました。

初歩のマジックということで、今回はコインを消すマジックでした。

講座を通して学んだことを二つほど書いておこうと思います。

無意識を意識化に置く

一つ目は言われたら単純ですが、コインを消すマジックは、渡したように見せている、ただそれだけのことということです。

そのために色々なテクニックがあることがわかりましたが、そのテクニックを知っているからすぐにできるとは限りません。

いかに渡したかに見せるために必要なことは、「無意識を意識化におく」ことだそうです。

普段何気なくやっている動作を意識することによって癖がわかり、それを再構築することによって自然さが生まれてくるということです。

マジックは自分の中ではトリッキーな動きをしているわけなので、どうしても違和感が出てしまいます。

それを限りなくゼロに近づけていく行為なのだなと感じました。

無意識を意識化に置くというのが大切なのは、何もマジックに限ることではありません。

時間をどう使っているかにも同じことが当てはまると思います。

まずは、時間をどう使っているか把握するところから無駄な時間をあぶり出すことができます。

マジシャンの職業観とは?

二つ目は、マジシャンの職業観です。

講師の方はマジシャンのプロの定義として「いつくるかわからない15分前に準備しておける人」とおっしゃってました。

マジックはどのような状況になるかは予測できません。

その中であらゆる事態に想定して無駄かもしれない準備をどれだけしておいて、それに対応できる人がプロなのだということです。

これって何もマジシャンに限らずですよね?

普段の仕事としてもプロ意識を持ってやっていく上で外せないポイントかなと思いました。

学びのおおき一時間半という時間でした。

1月には2回目もあるということなので、また参加したいなと思います。

良かったらフォローしてください!

まいにちnote更新中です!

しるし書店やってます!

読書会情報

自己紹介


何かにとらわれすぎずに柔軟に

ライティングゼミを受講します。

関連記事

  1. コミュニティラジオに出演します!

    5月5日(土) 13時頃から三角山放送局リレーエッセイ「読書キャンパス」に出演させていただくことにな…

  2. 読書の秋に向けて

    私の勝手なイメージかもしれませんが、季節の変わり目は雨という印象があります。札幌は雨が降ってい…

  3. ブログをネット読書会空間の感覚に

    ブログ何を書こうかなと考えている時間が結構好きです。だったら毎日書けば良いのにと言われたらそ…

  4. 退院をしました

    本日、2019/01/31退院をしました。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやって…

  5. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。基本的な軸がずれなければ…

  6. 天狼院書店と読書会と私

    「あぁ、井田さん、初めまして!」受付開始時間ぴったりに会議室に入ると、女性にそう言われました。…

  7. 私がよりよく生きるために考えたこと

    毎度同じになってしまいますが、最近は調子が良くも悪くも言えない微妙な感じの日が続いています。札幌…

  8. 正しいと思ったことをする。

    札幌ゼロ読書会主催の井田です。何を書いたらいいのか、そもそも書くのが正しいことなのか、それす…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP