松浦弥太郎『ふたりのきほん100』

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は一冊の本を紹介します。

紹介するのは、松浦弥太郎さんの『ふたりのきほん100』です。

 

松浦弥太郎さんはエッセイストとしても活躍されており、ウェブメディア「くらしのきほん」の主宰もされています。

「正直、親切、笑顔、今日もていねいに。」を信条として、男女問わず幅広い世代に支持をされている方です。

家族や身近な人たち以外で尊敬をする人をあげるならば間違いなく松浦弥太郎さんを選びます。

 

なので、松浦弥太郎さんの新刊はチェックしているのですが、今回の一冊はパートナーシップについてです。

「〇〇のきほん100」はシリーズになっていて色々な出版社から出ています。

テーマ、ジャンルも様々なので気になったものから手に取っていただけるとよいかと思います。

 

「わたしからあなたへ」「ふたりのための」のそれぞれ100あります。

自分だったら何を大切にするかなと考えましたが、相手に対する感謝であり尊敬かなと思いました。

最近でこそ芸能ニュースを見ることはほとんどなくなりましたが、関係を解消するニュースがあったときに理由として「価値観の相違」というものがあります。

 

男女の脳のつくりはもともと違う部分もあり、考え方が異なるのはある意味当たり前のことです。

好きなことが一緒であることよりも、嫌いやことが同じ方向を向いているほうが結果としていい部分もあるんじゃないかと思っています。

価値観というのは聞かなければわからない部分もあります。

ある程度のお付き合いが進むとこれからのことを考えていくこともあるかと思います。

そういうときにこの本を間に据えてお話をしてみるというのもいいかもしれません。

 

特に印象に残ったのは「035 大親友でいる。」という項目です。

人間関係の始まりは友だちであり、大切な人とはいつまでも大親友であり続けられたらいいのかなと思いました。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


物語は誰にも書ける

終わらない冷やし中華

関連記事

  1. 松浦弥太郎『なくなったら困る100のしあわせ』

    2020年12月28日にオンラインFacebookメッセンジャールームを使っ…

  2. 松浦弥太郎『仕事のためのセンス入門』(筑摩書房)…

    本の紹介をします。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催し…

  3. 松浦弥太郎『「自分らしさ」はいらない くらしと仕…

    松浦弥太郎さんの新刊を読みましたので紹介します。「本を語る、人と繋がる」…

  4. 松浦弥太郎さんから考える、「ていねいな暮らし」と…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 松浦弥太郎『今日もていねいに。』

    第72回「本の話をしよう」で紹介をした一冊について書いていきます。「本を…

  6. 松浦弥太郎『くちぶえサンドイッチ』を読んで感じた…

    松浦弥太郎さんの随筆集『くちぶえサンドイッチ』を読みました。「本を語る、…

Twitter でフォロー

PAGE TOP