言葉が武器であるならば

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、このようなツイートをしました。

本を読む読まないに限らずわたしたちは日々言葉を使って生活をしています。

言葉があるからこそ、何かを伝えることができるわけですし、想像を膨らませることができます。

語彙力をアップさせて相手により伝わりやすい表現を心がけていけば必ずよい方向に結びついていくはずです。

しかし、言葉というのはときとして殴られるよりもつらい暴力となってしまいます。

わたしは愚痴を言い合っている環境に身を置くのが苦手です。

そういう環境だなと感じたらそっと席を離れるようにしています。

もしかしたら繊細さんと呼ばれるHSPの気質なのかもしれません。

直接自分のことを言われてなくても愚痴を言い合っている環境や口ゲンカをしている場面に遭遇するとなんだか自分が消耗した気分になってしまうのです。

 

言葉の力は大きなものがあります。

疲弊させてしまうことがある一方で、誰かを励ましたり元気付けたりすることもできます。

小説は文字だけなのに想像力をかき立てられて映像以上の感動を味わうこともできます。

 

二面性のある言葉ですが、どうせならプラスの方向で使っていきたいです。

誰かを傷つけてしまう可能性もありながらも誰かを守ることもできます。

それは、武器と一緒です。

武器そのものがわるいということはなく、使う人であったり環境によって見え方が変わってきます。

心構えであったりスタンスというのは一瞬で変えることができます。

常日頃からそういう意識で支えているかどうか振り返りたいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

好きな言葉は「ありがとう」です。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


徳を積む人が得をする

積読を認めよう!

関連記事

  1. のんびりゆっくりがマイペースではない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 学びとエンタメの境界線

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP