積読を認めよう!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、このようなツイートをしました。

買ったはいいものの読んでいない本、いわゆる積読本はあるでしょうか?

はっきりと数えたわけではないのですがわたしの積読本はだいたい30冊くらいあります。

なかには買ったときの熱が冷めてしまって「いつ読むんだ!」みたいな本もありますが、それはそれでよしとしています。

中学生のころに宇宙に興味を持ちました。

アインシュタインの何かがきっかけだったと思うのですが、相対性理論の本を買いました。

当時のわたしにとっては難解で挫折をしてしまいました。

それでもずっと手元に残しておいていました。

先日、特にこれといったきっかけはなかったのですが読みたいと思い、手に取りすらすらと読み終えてしまいました。

10年以上積読にしていたのに読み終えるのに1週間くらいでした。

実際に何かすぐに役に立つとかはなさそうですが、読んでよかったと思います。

一度読もうと思った本は人生において必ず意味があるものだと思っています。

もちろんそれらを置くスペースという問題はありますが、わたしは積読を大いに認めるべきだと思っています。

一度読む気がなくなったとしてもまたどこかでそれを読みたくなるタイミングや必要な時期はやってくるでしょう。

それまでは赤々と燃えるキャンプファイヤーの薪のようにスタンバイさせておくのがよいでしょう。

 

一旦注意点があるとすれば電子書籍の積読はあまりお勧めしません。

実際に物体として見える形でないと目に触れる機会も少なく読まなきゃと思わせることも少ないです。

基本的に電子書籍で購入する場合はすぐ読む時だけにしています。

 

ちなみに積読を英語翻訳画面に入れても出ませんでした。

この本を「積んでおく」のニュアンスを含めた積読という言葉は日本オリジナルなんでしょうかね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

積読コーナーは目につきやすいところがおすすめです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


言葉が武器であるならば

北海道若獅子の会2021年7月会に参加しました

関連記事

  1. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服…

  2. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  3. 本は汚して読んでもいい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 行かない本棚にも寄ってみる

    先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になり…

  5. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  6. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  7. 問いを通して対話を深める

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。内沼…

  8. わたしの図書館活用術

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP