チャンスがやってきたら臆せず飛び込め!

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日このようなツイートをしました。

昔話で『ももたろう』ってありますよね?

大きな桃が川の上流から流れてきたときにおばあさんがそのまま見逃していたら昔話の世界とはいえ『ももたろう』という物語は生まれなかったわけです。

そう考えるとおばあさんが大きな桃が流れてきたときに手に入れようとしたからこそそういう物語が生まれたといえます。

 

現実にもありとあらゆるチャンスが転がっています。

でも、それをチャンスと考えるかどうかは自分次第です。

 

挑戦の反対は失敗でなく、何もしないことと聞いたことがあります。

挑戦をすればデータを得ることができます。

それはうまくいくデータかもしれませんし、うまくいかないデータかもしれません。

うまくいくデータは今後の参考にすればいいだけです。

うまくいかなかったデータは今後同じ失敗をしないようにすれば役に立てることができます。

つまり、挑戦をしなかったということは挑戦した人に比べて一歩遅れてしまうことになります。

 

挑戦するのはもしかしたらこわいこともあるかもしれません。

でも飛び込んでみたら何かいいことがあるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


浮かんでは消える思考のように

本を読まない理由をつくらない

関連記事

  1. 本を生かすためには

    本はたくさんのことを教えてくれます。それは、本を書いているのが人なので人…

  2. 習慣化のためにできることは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 前略、未来の自分へ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 実家でのんびりまったりと過ごす

    コロナウイルスの影響もあり、仕事がだいぶ落ち着いています。そのようなわけ…

  5. これからの文章目標

    とにかく書くという修行を自分に課しています。札幌で「本を語る、人と繋がる…

  6. SNSのルールは自分でつくる。

    SNSは好きですか?札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやっ…

  7. ハチの数がちょうどいいと思った話

    すべらない話をします。と思ったんですけど、そう思うと結構むずかしいですよ…

  8. 言葉のニュアンスに目を向ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP