チャンスがやってきたら臆せず飛び込め!

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日このようなツイートをしました。

昔話で『ももたろう』ってありますよね?

大きな桃が川の上流から流れてきたときにおばあさんがそのまま見逃していたら昔話の世界とはいえ『ももたろう』という物語は生まれなかったわけです。

そう考えるとおばあさんが大きな桃が流れてきたときに手に入れようとしたからこそそういう物語が生まれたといえます。

 

現実にもありとあらゆるチャンスが転がっています。

でも、それをチャンスと考えるかどうかは自分次第です。

 

挑戦の反対は失敗でなく、何もしないことと聞いたことがあります。

挑戦をすればデータを得ることができます。

それはうまくいくデータかもしれませんし、うまくいかないデータかもしれません。

うまくいくデータは今後の参考にすればいいだけです。

うまくいかなかったデータは今後同じ失敗をしないようにすれば役に立てることができます。

つまり、挑戦をしなかったということは挑戦した人に比べて一歩遅れてしまうことになります。

 

挑戦するのはもしかしたらこわいこともあるかもしれません。

でも飛び込んでみたら何かいいことがあるかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


浮かんでは消える思考のように

本を読まない理由をつくらない

関連記事

  1. 本物に触れることでしか、本物にはなれない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. キャッチボールのように書く

    朝ちゃんと起きれたときはモーニングページ、起きれなくてもジャーナリングと言う…

  3. 今年のテーマは「結」

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 「誰に」に向かって書くかが大事!

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加をしました。午前中にも読書会に…

  5. 情報発信は好きなことで人助け

    情報発信は人助けと聞いてなるほどなと思いました。でもいつも役立つ情報を提供…

  6. 無料のイベントが良いとは限らない

    読書会を初めて3年半が経過しています。ここ最近はコロナウイルス感染症の影…

  7. 休むのも仕事

    しばらく体調不良で仕事をお休みしていましたが、少しずつ短時間からですが復帰…

  8. 無目的に書くというのもいいのかもしれない。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP