本を読まない理由をつくらない

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

先日、このようなツイートをしました。

あなたはいつ本を読んでいるでしょうか?

わたしは暇さえあればと言った感じなのですが、まとまった時間が取れるときはこうしてブログを書いたり、Twitterに考えのタネを蒔くようにつぶやいています。

なので、以前と比べると多少は読書にかける時間というものは減っているのかもしれません。

それでも、「本を読む時間がない」という方に比べると本に向き合うための時間はつくろうとしているんじゃないかと思います。

 

 

いくつか実践していることを紹介をします。

 

まず、自宅にテレビがありません。

なので、ダラダラとテレビを見て過ごすという選択肢が必然的になくなります。

 

小さい頃はゲームをしていましたが今はすることがなくなりました。スマートフォンでのゲームにも手を出すことはありません。

たったこれだけでも時間は作れそうな気がします。

 

そして、どのように読むかも結構大事です。

わたしは本に付箋紙を貼ったり、書き込みをしたりしますが、1回目に読むときは基本的に本の角を折るだけです。

理由としては付箋紙がなかったり、ペンがなかったときに本を読まない理由をつくらないということです。

手に何も持たなくても本の角を折ることはできます。

そうしたところを後から見返して、線を引いたり、付箋紙を貼ったりすればいいのです。

 

地下鉄は細かい時間がとれますがなかなかカバンから本を取り出すのは面倒くさかったりします。

そういう方はスマートフォンにKindleなどの電子書籍アプリをダウンロードするのがおすすめです。

こうすることで地下鉄に乗った瞬間にパッと開いて読書時間を過ごすことができます。

読む間隔が空くことが多いので「〇〇の100」みたいな短い文章が集まっているのがおすすめです。

 

本を読みたいけれどなかなか読めないという方の参考になればうれしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


チャンスがやってきたら臆せず飛び込め!

本を読む目的を明確にする

関連記事

  1. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  2. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  3. 本は無理して読まなくても良い

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 本好きの輪を広げるために

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. もしかしたらを考えてみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 「ツリーハウス図書室*HONTOKI」に寄贈をし…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  7. 本を貸すときのおすすめ。

    本好きなので本を貸すことが結構あります。本好きが本好きに対して貸すときは…

  8. 理解の基準は教えられること

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP