漫画は読書に入るのか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

読書家さんの中でもたまに議論が起こることについてわたしなりの見解を述べてみようと思います。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

今日のお話は「漫画は読書に入るのか?」というものです。

わたしの答えは「漫画は読書に入れてもいい」です。

目的をかなえるための手段が読書という行為であって漫画であるかどうかは二の次だと思っています。

楽しむという目的に対して達成できる手段が漫画であるならば、それを利用するべきです。

学習漫画なんかがこの類です。

今とは生活様式が全く異なる時代のことを学ぼうと思ったら、まずビジュアル化されているものから入った方が想像が楽になり勉強もしやすいでしょう。

 

文章だけで読むよりも漫画の方が想像がかんたんになります。

文章で想像を膨らませるのが文学の醍醐味と言えるかもしれませんが、とっつきにくい分野やジャンルは手助けをしてくれている漫画の方が絶対いいです。

 

本の記録をInstagramと読書メーターで行なっているのですが、漫画を大量に読んだ月は冊数が一気に多くなります。

これとじっくり活字で読んだ本と同じにしていいのかというモヤモヤ感があるという方もいらっしゃるかもしれません。

それに関して言えば、気にしなくていいんじゃないですかということです。

「冊」というのはあくまで区切られた単位でしかありません。

1000ページの本も100ページの本でも数えるときは1冊でしかありません。

大事なのはそこから何を得るかです。

(もちろん娯楽として楽しむのも一つです)

それに対してボリュームは関係がないのかなと思っています。

 

終始一貫して言いたいのは、なんのために本を読むのかということです。

その目的を叶えるのにもっともいい手段が漫画であるならば臆することなく使っていけばいいと思います。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


にしのあきひろ『えんとつ町のプペル』から学ぶ「信じ抜く」こと

What’s 札幌ゼロ読書会?

関連記事

  1. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  2. 紙の本のライバルは?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 本に向き合えば、次に読む本は見えてくる。

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 本を通してフラットに話ができる読書会

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 面白い本との出合い方

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 本を貸すときのおすすめ。

    本好きなので本を貸すことが結構あります。本好きが本好きに対して貸すときは…

  7. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  8. 本を読まない理由をつくらない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP