名言を探すように読んでみるのもあり

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

何を持って良い小説というかはむずかしいところがありますが、ありありと情景が思い浮かぶ本はサクサクと読めて気分がいいものです。

そういう本は気にせずにどんどん読んでいきましょう。

 

しかし、そういう小説だけではありません。

字面を追うことができても頭に入ってこないというのも中にはあるでしょう。

序盤を耐えて50ページくらいを乗り越えてきたら文体がつかめてくることが多いのでそこまでは粘ってみます。

その辺りを過ぎても変化がなければあらすじやレビューを見てその本に対する知識を少し補充します。

小説の楽しみは話の流れのみではないのでほんのちょっとやそこらで質が落ちることはないと思っていますので心配は不要です。

そうして読んでいきます。

 

池澤夏樹さんが「本は最後まで読んでいいもの」と表現をされていたのですが、今の私は「読むぞ」と決めたら最後まで読む、読むというよりも目を通すようにはしています。

小説だったら自分の琴線に触れる名言を探すように読んでいる節もあります。

先日読み終わった伊坂幸太郎『マリアビートル』も序盤に苦労しましたが、後半にグッとくる内容がありました。

本の楽しみ方は人それぞれです。

自分にあった楽しみ方を探してみてください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


伊坂幸太郎『マリアビートル』

理想の自分で行動する

関連記事

  1. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 「#本棚の10冊で自分を表現する」ってなんだ?

    次回5月22日の読書会の補足というかご案内です。SNSをやっている方は結…

  3. 本を読む目的を明確にする

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  6. 本の感想の伝え方

    本を読んだらアウトプットすることが大切ということはこのブログでも自分の経験か…

  7. 読書会には思いがけない本の出合いがあるかもしれな…

    読書会を運営するようになってから4年が経ちました。色々な人と本との出合い…

  8. 名刺代わりの小説10選

    SNSのタグ付けを追っかけることがあります。今回おもしろいなと思ってやっ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP