名言を探すように読んでみるのもあり

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

こんな小説の読み方があってもいいんじゃないかということについて書いていきます。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

何を持って良い小説というかはむずかしいところがありますが、ありありと情景が思い浮かぶ本はサクサクと読めて気分がいいものです。

そういう本は気にせずにどんどん読んでいきましょう。

 

しかし、そういう小説だけではありません。

字面を追うことができても頭に入ってこないというのも中にはあるでしょう。

序盤を耐えて50ページくらいを乗り越えてきたら文体がつかめてくることが多いのでそこまでは粘ってみます。

その辺りを過ぎても変化がなければあらすじやレビューを見てその本に対する知識を少し補充します。

小説の楽しみは話の流れのみではないのでほんのちょっとやそこらで質が落ちることはないと思っていますので心配は不要です。

そうして読んでいきます。

 

池澤夏樹さんが「本は最後まで読んでいいもの」と表現をされていたのですが、今の私は「読むぞ」と決めたら最後まで読む、読むというよりも目を通すようにはしています。

小説だったら自分の琴線に触れる名言を探すように読んでいる節もあります。

先日読み終わった伊坂幸太郎『マリアビートル』も序盤に苦労しましたが、後半にグッとくる内容がありました。

本の楽しみ方は人それぞれです。

自分にあった楽しみ方を探してみてください。

(eye catching photo by chiho)

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


伊坂幸太郎『マリアビートル』

理想の自分で行動する

関連記事

  1. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  2. 4月23日は「世界本の日」、本を読もう

    4月23日は「本の日」には本を読もう今日は世界本の日です。「本の日」…

  3. 読書会に何を求めるのか?

    先日、北海道新聞の『人トーク』に読書会主宰者として紹介いただきました。…

  4. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  5. 読書会には思いがけない本の出合いがあるかもしれな…

    読書会を運営するようになってから4年が経ちました。色々な人と本との出合い…

  6. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  7. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  8. ベストセラーは読んでもいい

    「本を選ぶ基準ってありますか?」今回は私なりの本を選ぶ基準の一つを紹介し…

Twitter でフォロー

PAGE TOP