一周まわって「アウトプットはしても良いもの」という考え方。

本が好きです。

特定のジャンルを好んで読むというよりは、面白そうと思った本を手当たり次第読んでいく乱読派であります。

2020年の読書量は170冊でした。

本という一冊の区切りはまとまりの単位でしかないので冊数自体にこだわりは持たないようにしています。

薄い本=中身がない、ということではないことと同じ感じです。

 

せっかく本を読むならば多くのことを吸収して自分の血として肉としたいものです。

そのために大事だと思っているのがズバリ「アウトプット」です。

それまでも本好きであることにかわりはないのですが、本の感想を読書メーターに入力するようになったり、なんと言っても読書会に参加するようになってから頭への定着度が一段と上がり読書の効果を感じることができるようになりました。

一方で必ずしもやらなければいけないと考えない方が良いなと感じているのも確かです。

アウトプットを意識して読むこととアウトプットをしなければいけないと思って本を読むことは似て非なるものです。

アウトプットをしなければという感覚で本来楽しむべき本を読むのは疲れてしまうかもしれません。

楽しむべき本は割り切って感想を「楽しかった」で済ませてしまうのも一つだと思っています。

 

なぜ本を読むのか、と聞かれたら「より良く生きるため」と答えます。

諸先輩がたの生きる知恵やノウハウがそこには詰まっています。

自分の知らない世界へといざなってくれます。

 

アウトプットを意識して本を読むことで読書の効果を引き上げることはできますが、それを理解した上で戦略的にアウトプットをサボりながら本を読むことを楽しみたいと思います。

読書はアウトプットすると良いというのが目新しいアイデアであった時代から、アウトプットしなければいけないという論が強くなってきたように思います。

SNS時代には無理せず、アウトプットしても良いくらいがちょうど良いと思っています。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


積読する前にやっておくべきたったひとつのこと

第66回「本の話をしよう」@Facebookミーティングルーム開催しました。

関連記事

  1. 目的をはっきりさせた後にすること

    前回の続きです。前回は本をやみくもに読むのではなく、まずどの本を読む目標…

  2. もしかしたらを考えてみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 偶然の出合いを求めるなら街の本屋さん行こう!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 理解の基準は教えられること

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 本を読む動機はなんだっていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. いくら分の本を読んでいますか?

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  7. 本の感想は無理して書かなくていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 読書療法士を名乗るわたしの本との付き合い方

    先日こんなツイートをしました。https://twitter.com/s…

Twitter でフォロー

PAGE TOP