ちゃんと本を読む時間とってますか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしは本が好きです。

何をいまさらという声も聞こえてきそうですが、好きなものは好きなのです。

家にはテレビはありませんし、YouTubeでだらだらと時間を過ごすということもあまりありません。

自信を持って言えるわけではないですが、活字中毒者の端くれみたいな存在ではあると思っています。

紙の本だけでなく、SNSやネット記事あらゆるものを読むのが好きです。

 

本を読むスピードというのは人それぞれです。

わたし自身、フォトリーディングを利用しながら読んでいます。

でも、矛盾するようですが決して読む速さにこだわることはしていません。

ビジネス書の類はフォトリーディングのテクニックをそのまま使うことが多いですが、小説の場合、のテクニックを活用しつつ味わいながら読んでいます。

今日、読み終わった村上春樹『海辺のカフカ』の下は5時間弱で読み終わりました。

速いのか遅いのかはよくわかりません。

でも、これだけの時間をかけて読んだという事実があります。

 

速読法と一言にいっても色々な種類があります。

速く読めるに超したことはありません。

でも大事なのは、なぜその本を読みたいと思ったのか、その本を読んでどのようになりたいかです。

(もちろん小説は世界観を楽しむというのもありです。)

 

そう考えると絶対的に本を読む時間を費やすことに時間を割かなければいけません。

そもそも投入できる時間がないのに短縮しようとしてもあまり効果的ではないように思えます。

 

速読法にはしることなく、まずは本に向き合う時間をしっかりととって本を読む。

その上でもっと多くの本を読みたいと思ったら、速読を試してみるくらいの感覚の方がいいような気がします。

 

休日は、腰をしっかりすえて本を読んでみてはいかがでしょうか?

今日の一冊

先にも紹介した『海辺のカフカ』です。

村上春樹さんの作品は深層世界を描いているかのようです。

何かにすぐ活きるわけではないですが根を深く張るようです。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


2020年7月に読んだ本

「ツリーハウス図書室*HONTOKI」に寄贈をしました

関連記事

  1. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  2. 4月23日は「世界本の日」、本を読もう

    4月23日は「本の日」には本を読もう今日は世界本の日です。「本の日」…

  3. あなたの読書のお供はなんですか?

    今日の話題は「読書のお供」です。「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で…

  4. 本と映画、どっちが先?

    本と映画どっちが先がいいか問題というのがあります。ない! という方はいま…

  5. 読書会には思いがけない本の出合いがあるかもしれな…

    読書会を運営するようになってから4年が経ちました。色々な人と本との出合い…

  6. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  7. 本は何回読んでいますか?

    本は何度も触れることで血となり肉となるんじゃないかというお話をします。「…

  8. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP