「ツリーハウス図書室*HONTOKI」に寄贈をしました

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会をやっていると色々な方に出逢うことができます。

被らないんじゃないかと思われるくらい色々な仕事をやっている方々と色々お話をしたり交流できるのが面白いです。

札幌市北区篠路でヨガをやっている近添さんもそのお一人です。

 

読書会に参加いただいた方とはFacebookで「友達」となることが多いのですが、あるい近添さんからメッセージがきました。

内容をかいつまんで紹介すると、

「木の上の図書室 HONTOKI」を作っています。

本の寄付をいただけたら。

という内容でした。

ツリーハウスという響きだけでも少年心をくすぐるのに、そこにあるのは図書館!

寄贈をしてほしい本はただの読んだ本ではなく、折り目や書き込み、〇〇な方へとメッセージを添えたいわゆる「しるし本」です。

寄贈するならばしっかりと読み込んだ本をお渡ししたいと思い、時間をかけて吟味して先日作業中のところをお邪魔して渡してきました。

どんな本を寄贈したか知りたい方はオープンして是非足を運んで探してほしいと思います。

オープンは9月上旬を予定しているそうです。

オープンが楽しみでワクワクです。

札幌市北区篠路*空と大地のヨガ

今日の一冊

寄贈した本の一つは、こちらの本でした。

小泉純一郎元首相が国会で使ったことで有名になり流行語大賞まで取りました。

コロナウイルスでどうしても敏感になりがちな今、大切なものの考え方の一つであるように思います。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


ちゃんと本を読む時間とってますか?

わたしの図書館活用術

関連記事

  1. 本を貸すときのおすすめ。

    本好きなので本を貸すことが結構あります。本好きが本好きに対して貸すときは…

  2. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  3. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 読書会の始め方

    人気検索キーワードを眺めていたら「札幌ゼロ読書界」というものがありました。…

  5. 本に向き合うことは著者と向き合うこと

    毎日のように本を読むのは本から計り知れない恩恵を受けることができることを日々…

  6. 読書会には思いがけない本の出合いがあるかもしれな…

    読書会を運営するようになってから4年が経ちました。色々な人と本との出合い…

  7. 本は何回読んでいますか?

    本は何度も触れることで血となり肉となるんじゃないかというお話をします。「…

  8. 漫画は読書に入るのか?

    読書家さんの中でもたまに議論が起こることについてわたしなりの見解を述べてみよ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP