小説を人生にどう生かすか?

小説を読み終わりました。

いい小説に巡り会えたなと感じるときほど嬉しいことはありません。

わたしは本に出合うということは人に出会うことだと思っています。

本という形を通して私たちは著者の方と交流をしているという意味合いです。

そしてその出会いにはすべて意味があるはずです。

だからわたしは小説を読んだ後も自分の人生にどう活かせるのかを考えます。

面白い小説ほど

本の感想書くのって難しいですよね。面白いと感じた本ほどどう感想を書いていいのか分からなくなってしまいます。

一番もったいないのは「面白かった」で終わってしまうことです。

それで済ませてしまった本はいずれどんな内容だったのか忘れてしまいます。

因数分解する

小説の大きな特徴としてはストーリーであるということです。

まずはどんな話だったか要約はできるでしょうか?

そこからスタートしてみるのがいいと思います。

名言好き

わたしは名言が好きなので、小説でも読んでいるときにドッグイヤーをつけながら読んでいます。

特に心に残ったものは書き抜きして手帳に収めています。

こうして心に残ったフレーズを振り返り、その時の気分を味わうのも小説の楽しみ方、活かし方の一つではないかと思うのです。

作者のメッセージは?

読んでいるときは作品に没頭するので忘れやすいですが、小説を書くからには伝えたい何かが著者にはあるはずです。

それを汲み取るというか意識するのも大切なポイントであるように思います。

あなたはどうしてますか?

わたしもそこまでガツガツと小説を人生の役に立てなければと躍起になっているわけではありません。

でも、どうせなら読んだら役に立てたいです。

こういう風にしてますというのを教えていただけると嬉しいです。

読書会情報

自己紹介


第20回「本を語る」読書会開催報告

「サピエンス全史から学ぶ実践読書会」開催しました

関連記事

  1. 好きな本を言語化できるともっと好きになれる。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  2. 人が紹介するから読書会は面白い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  3. 目的をはっきりさせた後にすること

    前回の続きです。前回は本をやみくもに読むのではなく、まずどの本を読む目標を明確にしましょうと…

  4. ベイビーステップを積み重ねる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です…

  5. 着る服を選ぶように書評をします。

    「今日は何を着て行こうかな」と迷うことはありますか?学生時代であれば制服の方が多いと思いますので…

  6. 得たい情報を得るために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。以前、本は問いを作って読むこ…

  7. 問いを通して対話を深める

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。内沼晋太郎「これからの本屋読…

  8. 読書家にオススメの本は聞いてはいけない。

    今日は本を紹介することについて書いてみようと思います。一度は誰もがやったことがあろうオススメ本を…

読書会情報はこちらから!

友だち追加
PAGE TOP