点がつながると読書がもっと楽しくなる

読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています。

 

本を読んでいてよかったなと思うことのひとつは過去に読んだ本とつながりがみえたときです。

ある本を読んでそういう考えもあるのだなと読み終わったときに思ったとします。

それで何か行動や考えが変わることはないということの方が多いかもしれません。

しかし、本を読んだという経験は決して無駄になりません。

読んだことさえ忘れていたとしても心のどこか深くで種として眠らせておくようなものであり、何かをきっかけに芽を出すということがあります。

それは何気なく日常生活を送っているときかもしれませんし、わたしは別の本を読んでいて「これ前に別の本で読んだ内容だ!」ということが結構あります。

そういう本とのつながりを感じることができるようになってきたのは読書メーターでの読んだ本の登録冊数が1,000冊を超えてきたあたりです。

1,000冊までは気づかずのうちですが畑を耕し、せっせと種を蒔いていた段階だったのかもしれません。

それが芽を出し、点と点がつながる感覚をもつと読書がより一層面白くなりました。

再読も含めてどんな発見があるのかを楽しみにしながらこれからも本に向き合います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、また明日もお待ちしております。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


市原真『ヤンデル先生のようこそ! 病理医の日常へ』読んで考える「やりたいこと」と「できること」

『センス・オブ・ワンダー』を読んで、自然を感じることの大切さ。

関連記事

  1. 4月23日は「世界本の日」、本を読もう

    4月23日は「本の日」には本を読もう今日は世界本の日です。「本の日」…

  2. 得たい情報を得るために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。以前…

  3. 自分にとって最適な読書環境を見つける

    あなたはいつ本を読んでいますか?今回は「本を読む環境」について書いていき…

  4. 読みたいときに読みたい本を読みたいだけ。

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  5. 物語は誰にも書ける

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会の主宰をしています、読書セラ…

  6. 文庫化までの時間を買いましょう

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  7. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. ベストセラーは読んでもいい

    「本を選ぶ基準ってありますか?」今回は私なりの本を選ぶ基準の一つを紹介し…

Twitter でフォロー

PAGE TOP