いつか点と点がつながる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「読書の醍醐味」についてです。

本を読んでいてハッとするうれしい瞬間というのがあります。

それは過去に読んだ本と今読んでいる目の前の本に重なる点が見えたときです。

今まで読んできた本をすべて覚えておけるのがいいのでしょうが、そんなことは到底無理です。

無理だからこそ同じ本を何回読んでも発見があるのかもしれません。

読んだという経験はとても大切なもので、人間の深層心理に深く刻まれるんじゃないかと思っています。

それが例えば本を読む瞬間であったり、何かアイデアをひらめいたというときに何も期待せずに過去の本からの恩恵として現れてくるんじゃないかと思っています。

読書というのはすぐに役立つものばかりではありません。

それでも読んだという経験はいつかあなたの役に立ってくれるはずです。

一冊の本を読むと大きなキャンバスにひとつの点を打つことができます。

たくさん集まれば点と点を結びたくなったり、形作りたくなります。

まるで夜空の星のようです。

いつか役に立つかもしれないし、ずっと自分の深層心理を支えてくれるかもしれないと考えると目の前の読書がより楽しめそうな気がしています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


目の前の本をもっと楽しもう!

本は手紙だと思って読む

関連記事

  1. 今日も本は誰かを救ってくれる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 読書会はいつから始まっているのか?

    明日は読書会です。お久しぶりの対面です。密を防ぐために人数は減らしてい…

  3. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  4. 人が紹介するから読書会は面白い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 人に本を紹介してもらう意味は何なのか?

    毎月2〜3回くらい読書会を開催しています。これまで本の紹介型の「本の話を…

  6. 本を探すときに知っていると便利なISBNについて…

    今回は本を探す際のちょっとしたテクニックをご紹介したいと思います。本を探…

  7. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  8. アウトプットはまずはTwitterからやってみま…

    どうやったら読書をより自分の血とし肉とすることができるのか。その鍵のひと…

Twitter でフォロー

PAGE TOP