いつか点と点がつながる

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「読書の醍醐味」についてです。

本を読んでいてハッとするうれしい瞬間というのがあります。

それは過去に読んだ本と今読んでいる目の前の本に重なる点が見えたときです。

今まで読んできた本をすべて覚えておけるのがいいのでしょうが、そんなことは到底無理です。

無理だからこそ同じ本を何回読んでも発見があるのかもしれません。

読んだという経験はとても大切なもので、人間の深層心理に深く刻まれるんじゃないかと思っています。

それが例えば本を読む瞬間であったり、何かアイデアをひらめいたというときに何も期待せずに過去の本からの恩恵として現れてくるんじゃないかと思っています。

読書というのはすぐに役立つものばかりではありません。

それでも読んだという経験はいつかあなたの役に立ってくれるはずです。

一冊の本を読むと大きなキャンバスにひとつの点を打つことができます。

たくさん集まれば点と点を結びたくなったり、形作りたくなります。

まるで夜空の星のようです。

いつか役に立つかもしれないし、ずっと自分の深層心理を支えてくれるかもしれないと考えると目の前の読書がより楽しめそうな気がしています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


目の前の本をもっと楽しもう!

本は手紙だと思って読む

関連記事

  1. 読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?

    読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?2020年4月20日に…

  2. 本を読むのは、話を聴くこと

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 目的をはっきりさせた後にすること

    前回の続きです。前回は本をやみくもに読むのではなく、まずどの本を読む目標…

  4. 読書会の始め方

    人気検索キーワードを眺めていたら「札幌ゼロ読書界」というものがありました。…

  5. 5分という絶妙な紹介時間

    今回は読書会での本の紹介時間について書いていきます。「本を語る、人と繋が…

  6. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  7. 本の感想は無理して書かなくていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. Talkstand読書会がおもしろい!

    ありがとうございます!!#talkstand でお互いのおすすめの本を紹介…

Twitter でフォロー

PAGE TOP