本選びは友だちと仲良くなる感覚で

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「本選び」です。

あなたはどのように本を選んでいるでしょうか?

わたしは自分自身のことを乱読派と言っています。

あらゆるジャンルの本を手に取っているつもりです。

大きな書店に行って絶対に手に取らなそうなジャンルでもそのコーナーを見て回るのが好きです。

ただひとつ読む条件があってそれは自分が面白そうと思うかどうかです。

どんなに世の中でベストセラーになっていようと自分の興味がわかなければ読むことはありません。

そこに費やすお金と時間がもったいないのです。

 

わたしの本との付き合い方は友だち付き合いと似ているのかなと思います。

そもそも本というのは人間の分身みたいなものでその人の考えていることがぎゅっと詰まったものと思っています。

相性がいい本もあれば、そうでない本があるのも当然です。

学校や職場で一緒に過ごす時間が長い理由で関係性が深くなる場合もありますが、友だちってつくらなきゃいけないものではないと思います。

友達になっておかなきゃとか打算的な感じでなく、たまたま出会って仲良くなって関係が深くなるという付き合いがわたしにはあっています。

人から紹介されて仲良くなることもあります。

 

読書会を続ける中で知り合う人も多くなりました。

ゆるいつながりを増やし、保ちつつ、深いつながりをこれからも保っていけたらいいのかなと思っています。

人と仲良くするような感覚で手軽に本を手に取って見てほしいなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい1日をお過ごしください!

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


努力は積み上げ、続ける。

想像力で補うからおもしろい

関連記事

  1. 自分にとって最適な読書環境を見つける

    あなたはいつ本を読んでいますか?今回は「本を読む環境」について書いていき…

  2. その本を実践してみたらどうなるかを考えてみる

    https://twitter.com/shogogo0301/status…

  3. 本を読むモチベーションをどうやって維持するか。

    本って習慣化させるのは大変なところがあるかもしれませんが、なってしまうと逆に…

  4. 情報は相手に届いてこそ意味がある

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  6. 本を読むことは未来に対する自分への投資だ。

    先日このようなつぶやきをしました。https://twitter.com…

  7. 本を通してフラットに話ができる読書会

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本を読まない理由をつくらない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP