本は手紙だと思って読む

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、「本は手紙だと思って読んでみては?」という提案です。

先日、このようなツイートをしました。

文章術の本を読むとよく書いてあるのが、「手紙を書くように書いてみましょう」というものです。

大海に石を投げるように書くのではなく、具体的な誰かをイメージしてその人に届ける気持ちで書きましょうということです。

誰か一人のために刺さらない文章が多くの人の胸に響くとは思えないので確かにその通りだなと思います。

家族や大切な人が書いた文章というのはとても大切に読む、場合によっては何度も読んだり大切に保管をすると思います。

それだけ特定の人を意識することは大切です。

 

書く人よりも当然ながら読む人のほうが多いはずですが、文章を読む術を紹介している本のほうが少ないです。

テクニカル的なところはわたしは浪人時代の予備校で教わりましたが、精神なところではこの手紙だと思って読むというのはなかなか使えると思っています。

合わないなぁと思った文章はターゲットは自分ではなかったのだと思うようにしています。

自分に合わないのは自分が手紙の送り相手ではなかっただけで別に批判をする必要はないと思っています。

そういう本はそっと閉じて他の誰かにまわしてあげると良いかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


いつか点と点がつながる

やめる勇気をもつ

関連記事

  1. 感動をそのまま伝える

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  2. たまに試してみる

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. 意図された偶然の出合いを求めて

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 本選びの打率は10割

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  5. 10連休は本を読もう!

    明日から世間は10連休ですね。札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読…

  6. 一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る

    一冊の本から一つの気づきと一つの行動指針を得る質問箱というサービスを利用…

  7. 「読書亡羊」〜本を読むことより大切なことを放って…

    「読書亡羊」という四字熟語からあれこれ想像して書いてみます。「本を語る、…

  8. 「人生が変わる」の違和感

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

Twitter でフォロー

PAGE TOP