本は手紙だと思って読む

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回は、「本は手紙だと思って読んでみては?」という提案です。

先日、このようなツイートをしました。

文章術の本を読むとよく書いてあるのが、「手紙を書くように書いてみましょう」というものです。

大海に石を投げるように書くのではなく、具体的な誰かをイメージしてその人に届ける気持ちで書きましょうということです。

誰か一人のために刺さらない文章が多くの人の胸に響くとは思えないので確かにその通りだなと思います。

家族や大切な人が書いた文章というのはとても大切に読む、場合によっては何度も読んだり大切に保管をすると思います。

それだけ特定の人を意識することは大切です。

 

書く人よりも当然ながら読む人のほうが多いはずですが、文章を読む術を紹介している本のほうが少ないです。

テクニカル的なところはわたしは浪人時代の予備校で教わりましたが、精神なところではこの手紙だと思って読むというのはなかなか使えると思っています。

合わないなぁと思った文章はターゲットは自分ではなかったのだと思うようにしています。

自分に合わないのは自分が手紙の送り相手ではなかっただけで別に批判をする必要はないと思っています。

そういう本はそっと閉じて他の誰かにまわしてあげると良いかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


いつか点と点がつながる

やめる勇気をもつ

関連記事

  1. 「#読書ってかっこいい」ってかっこいい。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. ブログをリニューアルしました!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. 自分だったらどうするかを考えながら本を読む

    本を読んだ後で、一番大事なことはそこから何を学んだのかを振り返ることだと思っ…

  4. 理念を共有して仲間を集める

    普段はスポーツクラブで働いています。平たくいえばサービス業と言えます。…

  5. 書くことについて語ってみる

    しばらくとは言っても一週間ほどですが、ブログの更新が滞ってしまうと、どうすれ…

  6. 好きが得意に、専門に。

    本が好き。良い意味でいうと分野が広くて、受け皿が大きくて良いのかもしれな…

  7. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  8. 友遠方より来る

    昨日は朝の9時から友達と待ち合わせをして、カフェでのんびりと話をしました。…

Twitter でフォロー

PAGE TOP