やめる勇気をもつ

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

今回のテーマは、「習慣」についてです。

先日、このようなツイートをしました。

わたしは習慣というものを「毎日どんなに小さくてもコツコツと続けることで自己実現につながる行動」と位置付けています。

ただやるというよりもプラスのベクトルをもつものと考えています。

何かを始めようというときには最初の一歩が実はとても大変だったりします。

なので、初めは小さく始めてみることです。

そうしてコツコツと続けることです。

できれば続けられていることを可視化できるようにカレンダーに丸をしたりするのがおすすめです。

 

続けていてやってくるのが、飽きや、ほんとうに続ける意味があるのかという感覚です。

まずはこういう感覚がやってくることを前提に始まる前に徹底的にやる理由を掘り下げておくことです。

こうすることでやめようかと思ったときに振り返ることでまたちょっと進む気持ちがわいてくるかと思います。

それでも続けるのに抵抗があるときは無理をせずにスパッと切ってみるのがおすすめです。

またやりたいと思ったらやればいいのです。

それが何度も繰り返されるようだったら小さくして少しづつ続けることです。

 

先日、わたしは500日以上続けていたTwitterでの毎日本の投稿をやめました。

だんだんと義務感を感じてきたのがきっかけでした。

本を読むことの魅力を伝えることと、本の紹介をすることはイコールではないのだと気付きました。

読了ツイートはやっていこうかなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは、よりよい一日をお過ごしください。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


本は手紙だと思って読む

村上春樹『女のいない男たち』(文春文庫)

関連記事

  1. 読み放題には向いていないのかも

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 自分ルールありますか?

    わたしは毎日ブログを書くというのを目標にしています。札幌で「本を語る、人…

  3. こんなときだからこそ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 書くことは自分と向き合うことだ。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 読書は目的?手段?

    昨日、ふと疑問に思ったことがあります。目的、目標と手段は混同しやすいなと。…

  6. 2021年の振り返りと2022年の抱負

    井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとして本の持つ魅…

  7. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  8. 熱い想いを秘めながら、

    先日読書会を主催している人たちの集まりに参加をしました。みなさんそれぞれ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP