行かない本棚にも寄ってみる

先日の読書会のフリートークで「本屋さんで普段行かない本棚は?」という話になりまたので今回はそれについて書いていきます。

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾(@shogogo0301)です。

 

そもそもですが、わたしは本屋さんを使い分けています。

リアルの本屋さんとAmazonに代表されるネット書店です。

本屋さんではありませんが図書館で借りて読むこともたまにですがあります。

 

Amazonを使って買う場合はシンプルで中身を一切確認しなくても買う本です。

お気に入りの作家さんの本を買う場合が多いです。

 

リアルの書店で買うのは試し読みをしたい場合や、偶然の出会いという新たな刺激を求める場合です。

それでもなかなか足を運ばない本棚があるな、と質問を投げかけられて考えました。

学生時代は学習参考書のコーナーによく行っていました。

どの参考書がいいのだろうと結構吟味していたように思います。

でも、学生でなくなってからはわざわざ受験用の参考書を求めて足を運ぶことはなくなりました。

調べたいことがあったら新書や専門書コーナーに寄ることが多くなりました。

受験というのは合格が目標なのでアプローチや本質に迫るという観点では違うところがあるので当たり前のことかもしれません。

もう一つは漫画コーナーです。

漫画を読むこと自体あまり多くはないのですが、巻数が増えると場所を取ることから電子書籍で読むようにしています。

そうすると自然とわざわざ本屋さんの漫画コーナーに立ち寄るということがなくなってしまいました。

 

普段行かないコーナーの話をすると立ち寄ってみたくなりました。

リアルの本屋さんには偶然の発見や出合いがあるので、やはりなくならないでほしいなという思いがあります。

普段行かない本棚に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


松浦弥太郎『今日もていねいに。』

選んだ道を正解にする努力をする

関連記事

  1. いつか点と点がつながる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 本はなるべく手元に置いておきたい

    年間の読書量は150冊から200冊くらいになります。基本的には新刊本を購…

  3. 書を読み、読み書く愉しみ

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 本を読む動機はなんだっていい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. おすすめの本を聞くのもいいのだけれど、

    「いま、この家には何冊の本があるのだろう?」と突然疑問が湧いてきました。…

  6. 「#本棚の10冊で自分を表現する」ってなんだ?

    次回5月22日の読書会の補足というかご案内です。SNSをやっている方は結…

  7. 問いを通して対話を深める

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。内沼…

  8. 本棚はその人の志を表す

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP