速読って本当に必要ですか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

速く本を読めるようになりたいという人はたくさんいらっしゃると思います。

実際にわたしもその一人でした。

でも今は少し違っていて、速読って本当に必要ですか? という立場です。

 

そもそもなぜ速読ができるようになりたいのでしょうか?

もともとは本を読むことでビジネスや生活習慣を好転させたいとか、人によっては人生を変えたいという目標があったかと思います。

その目的をかなえる手段が読書だ、本だという結論になったということでしょう。

それがいつの間にか本を速く読むことが目的にすり替わっていないでしょうかというのがわたしが問いたいところです。

本を速く読める必要どころか、そもそも本から得なければいけないのかをまずは考えてみるのがいいです。

いまや学びの機会は本だけではありません。

セミナーはもちろんのこと、YouTubeなどの動画でもそうですし、オーディオブックを活用して耳勉することもできます。

 

実際にわたしも速読法を身につけようと学びましたが、今はそのエッセンスを使って自分なりのペースで読んでいるといった感じです。

速読法を身につける前にまず大事なのは本を読む時間を確保することです。

いくら速読法を身に付けても本に触れる時間がなかったら発揮する場面もありません。

まずは5分でもいいので本に向き合う時間をとってみるのがいいでしょう。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


2020年3月に読んだ本

本を読めば借り物の言葉でも語れる

関連記事

  1. 北海道新聞に紹介されました

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  2. 歴史小説が苦手だけれども、

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  3. 読書と投球術の関係

    昔話をちょこっとします。兄の影響で小学2年生から野球をはじめました。…

  4. 本を読む目的を明確にする

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 本に向き合うことは著者と向き合うこと

    毎日のように本を読むのは本から計り知れない恩恵を受けることができることを日々…

  6. 「実践する読書家」でありたいです

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 読みたい本をこれからも読みたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 本選びは友だちと仲良くなる感覚で

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP