本はいつ読むべきなのか?

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

これは読書家さんに聞いてみたいことでもあるのですが、いつ本を読んでいるのでしょうか?

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで癒しと安らぎを与える読書療法士の井田祥吾(@shogogo0301)です。

あくまでわたしの場合ということで読んでいただけるとうれしいです。

休日の日にカフェに行ってのんびりと時間の許すまま本を読んでいるというのは実は結構まれです。

わたしがよく本を読むのは出勤までちょっと時間があるときとか、仕事休憩の食事をして余った時間とか寝る時間までのちょっとした時間といった明確な時限が決まっていることが多いです。

ある程度ゆとりがあって時間を費やすことができるようなときはブログを書いたり構想を練ったりしています。

わたしのブログの文章量だと30分もあれば終わります。

しかし逆に30分後には何かをしなければいけないというようなときは焦ってしまってなかなか納得のいく文章を書くことができません。

でもそういうときは終わりの時間が決まっているので集中力高く本を読むことができるのです。

この考えは丸谷才一さんの『思考のレッスン』から学びました。

引用します。

まとまった時間があったら本を読むなということです。本は原則として忙しいときに読むべきものです。(丸谷才一『思考のレッスン』p137)

実践してみるとなるほどその通りだなと思います。

 

大事なのは目的意識を持って時間を過ごすことです。

何にどれくらいの時間を割いているかを把握することはとても大切です。

一冊の本を読み終える時間を見積もってそこに適切な時間を投下していくことも大切なことだと思っています。

aTimeLogger というアプリで生活全般の費やした時間を記録しているようにしています。

そうすると結構空白の時間だったり無意識に過ごしている時間というのが見えてきます。

無駄や余白をゼロにするのが必ずしも正義とは思いませんが、本を読む時間がないという人は1分でもいいので本を開く時間がないかなと時間の使い方を見つめてみるのもいいかもしれません。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


望月竜馬『I Love You の訳し方』を読んで考える、愛の伝え方。

その本を実践してみたらどうなるかを考えてみる

関連記事

  1. 本は直感で選んでみるのもおすすめ

    先日お話をしていてこのようなことを聞かれました。「井田くんはどんな基準で…

  2. わたしの図書館活用術

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカ…

  3. 読みたい本をこれからも読みたい

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 読書における量か質のどちらか問題

    読書における量か質、どちらが大切かと聞かれたら、最初は「量」だとわたしは答…

  5. なるべく著者の近いもので教わる

    なるべく著書の近くで教わるのが大切だと思っています。「本を語る、人と繋が…

  6. 得たい情報を得るために

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。以前…

  7. 本の価値が決まるのは値段なのか?

    あなたは何を基準に本の価値を測っているでしょうか?本の値段と価値について…

  8. その本は本当に読みたいですか?

    毎日のように本を読んでいます。読んでいて徐々に終わりが近づくと、もう少し…

Twitter でフォロー

PAGE TOP