本を貸すときのおすすめ。

本好きなので本を貸すことが結構あります。

本好きが本好きに対して貸すときは特に意識をせずに相手が読みたいと言ったら貸しています。

ちょっと考えなければいけないのは普段本を読む習慣がない人に本を貸すときです。

本の話をしていてこちらのテンションが上がってしまい、勢いそのままに貸してしまうことがあります。

普段本を読むことがない人はきっと1ページを読むのにも眠くなって苦労する人がいるのでしょう。

そしてそのまま放置になってしまうのでしょう。

これ自体は相手の読みたい意思を確認するべきなのかなと思います。

読みたいと相手が言った上で、期限を決めるのが良さそうです。

図書館の本も無限に借りることができないようにいつまでにと区切った方がお互いのためになりそうです。

 

欲しがりなのかもしれませんが本を貸した結果、感想が何もないのも寂しいなと思ってしまいます。

でも相手は何もわるくないと思っています。

その本の世界観を楽しめば十分なはずで感想文を欲しがるのは貸した側のひとつのエゴかもしれません。

でもやっぱり何も感想をもらえないのは寂しいです。

ということで最近は印象に残ったところに付箋紙を貼ってみて、というようにしています。

こうすることで相手の引っかかったところを知ることができます。

感想文にならなくてもその元になりそうなネタを知ることができます。

それだけでもわたしとは満足です。

 

他にも本を貸すときこんなことを気をつけているよとかお願いしているよというのがあれば教えていただけるとうれしいです。

 

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


目標は背中を押してもらって宣言をしてやる。

致知2021年1月号『運命をひらく リーダーの条件』を読んで

関連記事

  1. 4月23日は「世界本の日」、本を読もう

    4月23日は「本の日」には本を読もう今日は世界本の日です。「本の日」…

  2. 時間がないから本が読めないのではなく、本を読まな…

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

  3. いつか点と点がつながる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 読みたい本を読みたいときに読みたいだけ

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  5. 本はいつでも誰かを救ってくれる

    「どうやったら本を使ったビジネスが展開できるでしょうか?」以前このような…

  6. 読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?

    読書会主宰の二人が語る!読書会の魅力とは?2020年4月20日に…

  7. 今日も本は誰かを救ってくれる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  8. 5分という絶妙な紹介時間

    今回は読書会での本の紹介時間について書いていきます。「本を語る、人と繋が…

Twitter でフォロー

PAGE TOP