気分の波を乗りこなす

わたしはおそらく他の人に比べて気分の波が大きいです。

それは双極性障害をもっているからでもあるのですが、上機嫌なときとモヤモヤとした気分のときのどちらかということが多く、普通だなと感じることが少ないです。

その判断材料にしているのが睡眠時間です。

平均すると7〜8時間くらいなのですが、あくまで平均であり6時間以下か10時間以上寝るかのどちらかという印象です。

気分がいいときは睡眠時間が短く活発的になります。

反対に気分が沈んだときには仕事に行くのが少し億劫になり、出勤時間ギリギリまで布団の中でうずうずといった感じです。

最近は睡眠アプリを導入して自分の睡眠傾向の分析を始めました。

睡眠の質を上げる努力をしていきたいです。

 

調子のいいときはいろいろなことにチャレンジをしたくなります。

そこで考えるのは「それは気分が低下したときも続けられるか」ということです。

良いと思って始めた習慣も続けられなければ意味がないです。

なので続けられる下限目標も設定しておくのをお勧めします。

本を読むという習慣なら見開き1ページは読むとかそのくらいで良いと思います。

調子のいいときはどんどん読めばいいわけです。

 

逆に気分が沈んだときは振り返りのチャンスです。

うまくいかなそうなものはバッサリときる勇気をもっていいのかなと思います。

 

人間は習慣の生き物です。

よりよく生きるために気分に合わせながら良い習慣を続けていきたいものです。

その中で気分を意識してみるのが良さそうです。

(eye catching photo by chiho)

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


致知2021年1月号『運命をひらく リーダーの条件』を読んで

本に向き合うことは著者と向き合うこと

関連記事

  1. 読み放題には向いていないのかも

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 自分ルールありますか?

    わたしは毎日ブログを書くというのを目標にしています。札幌で「本を語る、人…

  3. こんなときだからこそ

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  4. 書くことは自分と向き合うことだ。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 読書は目的?手段?

    昨日、ふと疑問に思ったことがあります。目的、目標と手段は混同しやすいなと。…

  6. 2021年の振り返りと2022年の抱負

    井田祥吾(@shogogo0301)です。読書セラピストとして本の持つ魅…

  7. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  8. 熱い想いを秘めながら、

    先日読書会を主催している人たちの集まりに参加をしました。みなさんそれぞれ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP