創造力とは因数分解する力である

創造力とは因数分解する力である

先日、勉強仲間の五十嵐くんがこんなことを書いていました。

わかりやすいのでまずは読んでみてください。

「創造力」を考える(わたるデザイン企画)

創造力とは「分解して考える力」と「組み合わせて考える力」を合わせた力のこと。

と結論づけています。

なるほどなとまさしくその通りだと思いました。

世の中のサービスもだいたいは既存のものの組み合わせを変えていることが多いです。

そのためにはアイデアを寝かすことも大切です。

この辺りは五十嵐くんが紹介していた、ジェームス・W・ヤング『アイデアのつくり方』はおすすめです。

ジェームズ・W・ヤング『アイデアのつくり方』

分解と組み合わせるという言葉を聞いて、因数分解を思い出しました。

数学で習ったアレです。

たすき掛けとか覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

二次方程式の元の式というのは複雑な状態です。

それを因数という小さなまとまりに分けることで1つのパーツとしてスッキリするのです。

そのまますぐに役立つこともあれば日を経たないと役に経たない場合もあります。

この小さな因数に分解しておくことで後日それを組み合わせることでアイデアが役に立つのです。

言葉で説明すると簡単な行程のようですが、実際はそうなかなかうまくいきません。

このように文章を書くというのも因数の組み合わせです。

同じ内容でも切り口を変えると印象が変わります。

どうやったら自分の言いたいことが100だったら100のまま伝わるのかをこれからも考えていきたいです。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声でも本の紹介をしています

noteもやっています!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


本と映画、どっちが先?

渾身の一行を求めて〜本の読み方〜

関連記事

  1. ちょっとしたサプリメントのような文章を書きたい

    12月18日からブログの毎日更新が続いています。「本を語る、人と繋がる」…

  2. 文章はラブレターを書くように

    パンを大量に購入するという夢を見ました。メロンパンを7個とかそんな感じで…

  3. 本を読む時間を意識する

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  4. 自分らしい読書会とは何か?

    読書会を開こうと思ったときに最初に考えたのは「何者」感をなくすことでした。…

  5. 1%のひらめきって大事!

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  6. 【ストレングスファインダー 】弱みは強みでカバー…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 習慣化のためにできることは行動を小さくすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  8. 実践したい最高のボランティア

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP