古本屋さんには偶然の出逢いがある

イベント情報







読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。



メールでの参加申し込みは、



読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を入力の上ご連絡ください。

今日のブログ

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

わたしは普段滅多に古本屋さんに行きません。

色々と理由はあります。

今回はそのことについて書いていきます。

古本屋に行かない理由

古本屋に行かない理由は色々あるのですが、一番は古本を買っても出版社や作家さんの手元にお金が入らないからでしょうか。

これは、東野圭吾氏のエッセイに書かれていたことがとても影響されています。

新刊本を購入して印税が入ることによって支えたいという思いがどこかであるような感じです。

古本屋さんは本との一つの出合い方

そう思いつつ、今日は昨日友達に教えてもらったオススメの古本屋さんにいってきました。

今日行ったのは地下鉄南北線北18条駅すぐ近くにあります、BOOK LAB.です。

木のぬくもりを感じながら、のんびりと本をパラパラとめくりながら店内をうろうろとしました。

普段出会わない本や読んでみたかった本など、色々出逢うことができました。

これは面白いと思ったのは、書き込みがしてある本があったことです。

一度読んだ人の痕跡のある本を読むのは面白いかなと思って購入しました。

古本屋さんというのは本との出逢い方の一つを提供してくれている場所なのかなとふと感じました。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


友遠方より来る

博物館はワクワクの詰まったところ

関連記事

  1. 習慣化のために小さな行動を積み重ねる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 私の朝のルーティン

    私の朝のルーティン最近の行動パターンについて書いてみようと思います。…

  3. 習慣にしたことは抵抗を感じるもの

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。抵抗…

  4. 誕生日とは、そういうこと。

    「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」読書会冒頭での…

  5. 別のやりがいを求めて

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  6. わからないものを知る努力

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  7. 共に学び、共に成長する。

    朝に昨日の出来事で印象に残っていることや、頭の中に浮かんできたことを書き綴る…

  8. 勉強の意義とは?

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP