今の体調の点数を意識してみる

私は体調の波が少し大きいのかもしれません。

札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。

かもしれませんというのは、他の方がどれくらいの気分で過ごしているかは数値化するのは難しいことであろうと思っているからです。

体調には波がある

体調に波があることはある程度仕方がないことと割り切っています。

そう感じていても社会生活を送れているので良いのかなぁと思っています。

調子がいいときがずっと続くとは限らないし、調子が良くないままであることは経験上ありません。

良くなったり、良くない状態になったりするから波なのです。

 

調子が良いときは、このまま続いたら良いのにと思うのですが、そうもいきません。

すぐに反動がくるようにストンと落ちてしまうことがあるのです。

そういう意味でもなるべく波は小さい方がいいです。

60点でも合格です。

そこでどうするかということですが、高みを目指しすぎないことです。

100点を常に目指す必要性はないということです。

調子が良くないときは、まずは60点を取ることができれば大丈夫だというスタンスで過ごすようにしています。

でもいつも、60点を取っていればいいかというとそういうわけでもなくて、時には100点を取らなければいけないときもあることを知っておく必要はあります。

体調の波が大きいと感じる方は、どうしても、100点か0点で判断をしてしまうことが多いのではないかなと思います。

そういう方は60点でも合格をもらえますよということを伝えたいです。

そして私もそのことを忘れずに過ごしたいです。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




毎日note更新してます!

提供しているサービスはこちらから

書いている人


読書会で思考の旅をする

自分のペースで生きていく

関連記事

  1. 良い文章は読んだ先の行動がデザインされている

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 「ふくぎょう」時代をどう生きるか?

    「ふくぎょう」時代をどう生きるか?コロナウイルスさんの影響がわたしの仕事…

  3. 良い本は続けて2回読みましょう

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  4. 誕生日とは、そういうこと。

    「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」読書会冒頭での…

  5. 今いる場所で咲く努力

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  6. ちょうどいいインプットとアウトプットのバランスは…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. オンラインコミュニティの可能性を探る

    いつもありがとうございます。対面での読書会がなかなか開催できない状況です…

  8. つながる仲間を増やしたい

    人は組織の中で生活をしています。一番近いところで最初に属するのは家族でし…

Twitter でフォロー

PAGE TOP