走るときに考えること。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

ゴールデンウィーク真っ只中ですね。

いかがお過ごしでしょうか?

札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾@shogogo0301)です。

 

今日は来月の頭にあるフルマラソンに向けて、長めのジョギングをしました。

時間でいうと、約2時間。

距離でいうと、約20キロです。

 

健康のためのジョギングであれば30分も走れば十分かと思います。

それを42.195キロという果てなき道を走ろうと考えるのは正気の沙汰ではないのかなと思ったりもします。

それでもエントリーしたので、本番が近づくのが怖いですが練習です。

 

私は走るときには音楽を聴きます。

180BPM(1分間に刻むビートの回数)の音楽を聴きながら走るとちょうど良く快適に走れます。

 

「内省」が強いので、走っていると色々なことがぐるんぐるんと頭の中を駆け回ります。

これはメモしなきゃと思っても、走っているので立ち止まるわけにもいきません。

かといって全てを覚えておくのは無理です。

 

そのような中でも、今日考えたことで印象的かなと思ったのは、自分と同じようにランナーは走っているときに何を考えているのか、ということです。

イヤホンをしていない人はなおさらです。

本で例えると、新書からビジネス書であれば2時間で概要はつかめるかなと思っています。

それに触れているときと同じくらい頭を回転させているのかなと考えると、走っているときに考えるというのは、何かを生み出すヒントになるのではないかなと思います。

書くのに困ったら、走るのもいいかもしれません。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




音声プラットフォームHimalayaでもお話ししています

書いている人


未来へのワクワク感

「実践する読書家」から「ブックセラピスト」へ

関連記事

  1. 言葉遊びをしてみる

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  2. 一つの手段としての書籍

    書きたい気持ちはあるんだけど、何を書こうかなということが多々あります。…

  3. 何も思いつかないので、とりあえず書いてみる

    何も書くことが思いつかないことがあるというのはブログを続けていく上でのあるあ…

  4. 書き言葉は100倍拡大解釈されても大丈夫な言葉を…

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. 毎日成長するためにできること

    わたしはできれば死ぬまでずっと成長し続けたいなと思っています。札幌で読書…

  6. 文章を書くこととパンを作ること

    文章を書くことは料理をすることに似ているということを以前書いたかと思います。…

  7. ちょっとしたサプリメントのような文章を書きたい

    12月18日からブログの毎日更新が続いています。「本を語る、人と繋がる」…

  8. いつかやろうではなく、とりあえずやってみる

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌で読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP