目的思考で生きる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

中学生のころは野球部に所属をしていました。

人数も多くなく、強かったわけではないのですが、投手をやっていました。

中学野球は7イニングまででしたので、基本的には先発完投型です。

わたしは器用な人間ではなかったのでストレートが主体のピッチングでした。

たまに変化球をおり混ぜるといった感じでした。

 

全力投球というのは何もストレートを全力で投げこみ続けるのとは違います。

それこそ緩急をつけて打者を打ち取ることであり、そのための労力を惜しまないことだと思っています。

速いボールを投げ込むだけでなく、変化球を投げ込むことでタイミングをずらしたりということが時として必要になってきます。

目の前の打者を打ち取ることでアウトをとることができ、0点に抑えれば負けません。

点を取れば勝てます。

勝ち続ければいい成績を収めることができます。

 

こういうふうに目の前の行動というのは目的の連鎖が起こっています。

今の自分の行動がどうつながっていくか意識してみると変わってくるところがあるかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


ひすいこたろう『人生が変わる朝の言葉』(サンマーク出版)

読書の魅力を伝えたい

関連記事

  1. のんびりゆっくりがマイペースではない

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  2. 学びとエンタメの境界線

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  3. 知識はクルマ

    今日は何を書こうかなと、昨日の夜から悩んでいるので「書く」ことについて書いて…

  4. アイデアはメモをする。役に立たなくても良い。

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  5. キャッチボールと文章

    「これからは個の力が求められる時代だ」「終身雇用の時代は終わりを迎える」「人…

  6. どうやったら習慣化し継続できるのか

    良いと思って始めたこともなかなか続かないという方も多いかと思います。習慣…

  7. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  8. 読書の良さを伝え続けたい

    コロナ、コロナ、口を開けば、コロナウイルス。「コロナ」という名称が仲のい…

Twitter でフォロー

PAGE TOP