目の前のひとりを大切にする

イベント情報

読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。

Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、

お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

先日、こんなお話を聞きました。

人間の生涯が80年とすると、80年×365日で29,200となるので毎日新しい人にあうような感覚で間違いはないのかなと思います。

それだけ多くの人と出会っても親友と呼べるくらいの深い仲になれるのはたったの3人とのことです。

腹を割って話すことができるのが3人というのは少ないでしょうか?

わたしは一生涯にそういう人が一人でもいればいいんじゃないかと思っています。

 

『星の王子さま』で有名なサン=テグジュペリはこのようなことを言っています。

愛はお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。

見つめあう愛というのも存在はすると思っています。

でもそれはどちらかというと一方の愛が強いのではないかと思っています。

お母さんが赤子に目を向けるような感じです。

 

親友というのはそれこそ物理的に同じ方向をみる、同じ映画を観るような感覚ではないかと思っています。

そういう関係性をこれからも築くことができたらいいなと思っています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




書いている人


アンジェラ・ダックワース『GRIT やり抜く力』は身につけたいチカラ!

積読する前にやっておくべきたったひとつのこと

関連記事

  1. 2人でも読書会はできる。

    この間、読書会の打ち合わせのため2人でカフェで読書会のデモンストレーションを…

  2. 気持ちのいい挨拶を心がける

    挨拶は大切ですよね、という当たり前の話を書いていきます。わたしは一人暮ら…

  3. 勉強会に参加しました

    昨日は友達の主催する勉強会「ゼロ会」に参加しました。札幌ゼロ読書会の名前の…

  4. プロの仕事はびっくり箱で驚くこと。

    今日はわたしの考えるプロフェッショナルについて考えてみようと思います。札…

  5. ライティングゼミを受講します。

    わたしは書くのが好きです。札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shog…

  6. 自分にとっての名言を集める。

    今日は本を読んだ後のオススメの行動について書いていこうと思います。「本を…

  7. 自分にとって当たり前にできることでも役に立てる

    昨日、コワーキングSALOON札幌でカウンセリングイベントを開催しました。…

  8. 誕生日とは、そういうこと。

    「私の誕生日のちょうど100年前が芥川龍之介の誕生日です」読書会冒頭での…

Twitter でフォロー

PAGE TOP