正しいと思ったことをする。

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

札幌ゼロ読書会主催の井田です。

何を書いたらいいのか、
そもそも書くのが正しいことなのか、
それすらもわからない状況にあります。

札幌ゼロ読書会は2017年4月にわたしがひとりで始めた読書会です。
どういう感じにしようか特に決めていなかったものの、
一つのコミュニティのようになっています。

普段数字に目を向けることはありませんが、
Facebookページには100を超えるフォロワーさんがいらっしゃいます。

わたしに困っている人を助ける力があるのかはわかりません。
でも、もしかしたら困っている人を見つけ出す、
声を他の人に届けることはできるかもしれません。

わたし宛でも、facebookページからでも些細なことでもご連絡ください。

わたしの家は本がぐちゃぐちゃになったくらいで、
現在は水もガスも電気も無事です。
食料も多分大丈夫です。
強いて言えば現金が必要になる場面が出てくると手持ち分では怪しいです。

 

地震が発生してから、ずっと何ができるのか、
何をするのが正しいのかを考えてきました。

自分にとっての正しいと思ってした選択がもしかしたら、
相手にとっては間違っているなんてこともあるかもしれません。

でも、わたしはこの状況に黙って指を加えているのはイヤです。

何ができるかを考えた結果、わたしはまずレターポット でレターを送りました。

何が正しいのかわかりません。でも正しいと思ったことをすることはできます。

だから、わたしは自分が正しいと思ったことをします。

言葉の力をどこまでも信じています。

レターにはそう書きました。

思ったところで言葉にしないと伝わりません。

今回地震が起こった時も、
言葉の力の大きさを実感しました。

物理的なことだけが自分にできることではないのかなと
思っています。

 

 

一緒に乗り越えていきましょう。

 

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


一つの手段としての書籍

読書会に参加する方の根底にあるもの

関連記事

  1. しるし書店がつなぐ縁

    「トラブル発生しました!!」いきなりそんなメッセージが来たらびっくりしますよ…

  2. 睡眠を大切にする。

    札幌で読書会をやってます、井田祥吾(@shogogo0301)です。昨日…

  3. 家族と大親友に伝えるつもりで情報発信をする

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を運営しています、読書セラピ…

  4. 病気が教えてくれること

    退院をして、一日休んで、さぁ明日から働くぞ! という気持ちで書いていきます。…

  5. 札幌ゼロ読書会のスタイル

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  6. 2人でも読書会はできる。

    この間、読書会の打ち合わせのため2人でカフェで読書会のデモンストレーションを…

  7. 気分の波を乗りこなす

    わたしはおそらく他の人に比べて気分の波が大きいです。それは双極性障害をも…

  8. 「ふくぎょう」時代をどう生きるか?

    「ふくぎょう」時代をどう生きるか?コロナウイルスさんの影響がわたしの仕事…

Twitter でフォロー

PAGE TOP