読書会に参加する方の根底にあるもの

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ もしくは Facebookイベントページをご覧ください。



Facebookのアカウントがない、メールでの参加申し込みは、



お問い合わせより件名「○月×日書会参加希望」でお願いします。

今日のお話

明日の2018/09/14は読書会です。

前日になると明日は何の本を紹介しようかなと悩みます。

読書会の魅力

読書会の一つの魅力は目の前にいるその本が好きな人がその本を目一杯紹介してくれるところにあると思います。

ただ、本を知りたいだけであれば、わざわざこのような「本を紹介して語る」読書会に参加する必要はないとさえ思っています。

逆にただ自分が知っている本を広めたいだけだったら、読書会という限られた人数が集まる場では非効率です。

では、なぜにも関わらず読書会が続けられるほど人が集まるのかというとそこには人の温かさがあるからだと思うのです。

目の前の人がしどろもどろになっていても、その本への思いを熱く語る、その気持ちを受け取ることができるのは読書会に参加をした人だけが得ることができます。

一つは皆さん何かしらの目的を持って参加されています。

根底にあるもの

それを共有した上で進めていますが、皆さんの根底にはきっと「本が好き」というのがあると思います。

新しい本を知りたい、アウトプットの練習をしたい、おしゃべりを楽しみたい、色々あると思います。

少しでも本好きの輪が広がったらいいなと思っています。

読書会情報とブログの更新案内はこちらから!




提供しているサービスはこちら(画像をクリックしてください)

書いている人


正しいと思ったことをする。

第18回「本を語る」読書会開催報告!

関連記事

  1. つれづれなるままに

    「いつかやろうはバカヤロウ」なんて言葉を聞いたこともあります。確かにその…

  2. 好きが得意に、専門に。

    本が好き。良い意味でいうと分野が広くて、受け皿が大きくて良いのかもしれな…

  3. 誰かを傷つけることで幸せにならない

    人なのでパーフェクトな毎日を過ごせるわけでも失言をしないでいるわけではないと…

  4. 何もしないという選択肢

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

  5. 意味のあるものにするために

    時間が余りある入院生活で何を書こうかなと考えています。札幌で「本を語る、…

  6. 良い文章は読んだ先の行動がデザインされている

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会をやってます、井田祥吾(@sh…

  7. 祝!札幌ゼロ読書会3周年!

    いつもありがとうございます。札幌ゼロ読書会主宰の井田祥吾です。主宰と…

  8. 2020年1月を振り返って

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

Twitter でフォロー

PAGE TOP