たまに試してみる

イベント情報





読書会等のイベントは お知らせ をご覧ください。





読書会の申し込みは「こちら」からどうぞ。

参加希望日を選択の上ご連絡ください。

今日のブログ

こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。

読書会の開催や発信活動を通して、本の魅力や読書の素晴らしさを伝えています。

 

今日は職場の飲み会がありました。

このコロナ禍においてなかなか飲み会という機会がなかったのでお久しぶりでした。

お酒は好きですが、ひとりで宅飲みはしないのでこういう機会はとても好きです。

 

飲み会のときにいつも試していることがあります。

それは最初の一杯をビールにすることです。

当たり前のことにように思える方のほうが多いかもしれません。

なぜあえてそうしているのを言うかというとわたしはビールが苦手だからです。

そもそも炭酸が苦手なので好きな要素が限りなく低くなります。

炭酸が苦手なのは小さな頃からです。

大人になったら炭酸を飲めるようになるよと言われていたのでいまだに子供なのかなと思ったりもします。

ただおいしいと思える瞬間はあるのではないかという希望的観測をもってたまに飲んでみることにしているのです。

飲んでみては違うなというのを繰り返しており、今回もそうでした。

 

これは本においても同じようなことが言えていわゆる文体と呼ばれることが多いです。

特に小説でしょうか?

あの作家さんの言い回しが頭に入ってこないという方もいらっしゃるかと思います。

好き嫌いをせずになんでも読むというよりも、たまに読んでみて確認をするくらいのスタンスをとっておいて、もしかしたらすらすらと頭に入ってくるかもと期待して手に取るのがいいのではないかと思います。

 

お酒が入ってもけっこう文章は書けるものですね。

誤字があったらしれっと訂正します。

読書会情報はこちらから!




Facebookオンラインコミュニティはこちらから

音声でも本の紹介をしています

お仕事・ご相談はこちらから!

書いている人


結局は過程がたのしい

芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春』(新潮文庫)

関連記事

  1. 働き始めて7年間

    読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。「本を語る、人…

  2. 本に触れる環境を

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  3. 目の前のことをひとつずつ

    こんにちは、読書セラピストの井田祥吾(@shogogo0301)です。読…

  4. 生きるとは、今を大切にすること

    札幌で「本を語る、人と繋がる」をテーマに読書会を開催しています、本のチカラで…

  5. 金曜日は読書会! とする。

    金曜日は読書会! とする先日、実家に帰りました。…

  6. モノの見方を変えてみる

    毎日ブログを更新することを目標にしています。札幌で読書会をやってます、井…

  7. 札幌ゼロ読書会への思い

    友達の主催するゼロ会という勉強会を通して、自分は読書会を開きたいと思って始め…

  8. いわた書店の一万円選書に当たりました

    「本を語る、人と繋がる」をテーマに札幌ゼロ読書会を主宰しています、読書セラピ…

Twitter でフォロー

PAGE TOP